東急100年史(WEB版)

目次

第1章 東京急行電鉄の成り立ち 1918(大正7)年-1945(昭和20)年
  1. 第1章の概要(サマリー)
  2. 第1節 
    両大戦間期の都市鉄道と郊外開発
    1. 1-1-1-1 東京都市圏の拡大
    2. 1-1-1-2 都市電鉄業の起こり
    3. 1-1-1-3 郊外開発の始まり
  3. 第2節 
    田園都市事業の進展と鉄道事業の始まり

    第1項 田園都市事業と鉄道事業
    1. 1-2-1-1 田園都市会社の創立と目黒蒲田電鉄
    2. 1-2-1-2 土地買収から分譲開始まで
    3. 1-2-1-3 武蔵電気鉄道の苦闘と五島慶太
    4. 1-2-1-4 目黒蒲田電鉄の創立
    5. 1-2-1-5 目黒蒲田電鉄が武蔵電気鉄道を傘下に
    第2項 主要路線の建設と開業
    1. 1-2-2-1 目蒲線(目黒〜蒲田)
    2. 1-2-2-2 [コラム]開業日当日の沿線の様子
    3. 1-2-2-3 東横線(渋谷〜桜木町)
    4. 1-2-2-4 大井町線(大井町〜二子玉川)
    5. 1-2-2-5 田園都市事業の進捗と、目黒蒲田電鉄による吸収合併
    6. 1-2-2-6 創業初期の目黒蒲田電鉄および東京横浜電鉄の経営状況
    第3項 近隣事業者の動向と電灯電力事業
    1. 1-2-3-1 池上電気鉄道の歴史
    2. 1-2-3-2 玉川電気鉄道の歴史
    3. 1-2-3-3 電灯電力事業の展開
  4. 第3節 
    事業拡大と沿線開発

    第1項 沿線価値の向上と乗客増への取り組み
    1. 1-3-1-1 乗合自動車(バス、タクシー)事業の始まり
    2. 1-3-1-2 ターミナルデパート・東横百貨店の開店
    3. 1-3-1-3 東京高等工業学校、慶應義塾大学予科などの学校誘致
    4. 1-3-1-4 東横商業女学校の開校と教育事業の開始
    5. 1-3-1-5 レジャー施設の開業など付帯事業
    第2項 鉄軌道事業の拡大
    1. 1-3-2-1 目黒蒲田電鉄による池上電気鉄道の吸収合併
    2. 1-3-2-2 東京横浜電鉄による玉川電気鉄道の吸収合併
    3. 1-3-2-3 東京高速鉄道の設立と五島慶太
    4. 1-3-2-4 渋谷の本拠地化に至る軌跡
    5. 1-3-2-5 拡大期の目黒蒲田電鉄および東京横浜電鉄の経営状況
    第3項 社内環境の整備
    1. 1-3-3-1 社員教育施設と慎独寮の設置
    2. 1-3-3-2 社内交流の取り組み
    3. 1-3-3-3 福利厚生の充実
    4. 1-3-3-4 東横神社の造営
  5. 第4節 
    東京西南部の私鉄大合併で「大東急」を形成

    第1項 新生・東京横浜電鉄から東京急行電鉄へ
    1. 1-4-1-1 目黒蒲田電鉄と東京横浜電鉄の対等合併
    2. 1-4-1-2 陸上交通事業調整法の施行
    3. 1-4-1-3 京浜電気鉄道・小田急電鉄を合併、東京急行電鉄の誕生
    4. 1-4-1-4 京王電気軌道を合併、「大東急」へ
    第2項 戦時下の事業運営と諸施策
    1. 1-4-2-1 中国、台湾、東南アジア方面での事業展開
    2. 1-4-2-2 戦時下の重点的な旅客輸送と新駅開設
    3. 1-4-2-3 戦時体制による国家管理の強化
    4. 1-4-2-4 五島慶太の運輸通信大臣就任
    5. 1-4-2-5 鶴見市場事故と空襲による被害
第2章 戦後復興と事業の拡張 1945(昭和20)年-1959(昭和34)年
  1. 第2章の概要(サマリー)
  2. 第1節 
    交通事業の復興と「大東急」再編成

    第1項 「大東急」を解体、再編成へ
    1. 2-1-1-1 鉄軌道事業の戦後復興
    2. 2-1-1-2 バス事業の戦後復興
    3. 2-1-1-3 労働組合の結成と支社制への転換
    4. 2-1-1-4 五島慶太の公職追放と社長交代
    5. 2-1-1-5 支社制が内包していた独立機運と「大東急」の再編成
    6. 2-1-1-6 東京急行電鉄の再出発
    7. 2-1-1-7 輸送力の向上を図る
    8. 2-1-1-8 東横百貨店の分離独立
    第2項 新たな経営体制へ
    1. 2-1-2-1 五島慶太の復帰と五島昇の社長就任
    2. 2-1-2-2 鉄軌道事業の充実
    3. 2-1-2-3 [コラム]東横線祐天寺1号踏切列車衝突事故
    4. 2-1-2-4 自動車事業の拡充
    5. 2-1-2-5 [コラム]旭海運
    6. 2-1-2-6 福利厚生施設の建設や施設の充実
    7. 2-1-2-7 [コラム]財団法人東急弘潤会
    8. 2-1-2-8 育英・文化事業の発展(学校法人五島育英会・亜細亜学園、財団法人天文博物館五島プラネタリウム・大東急記念文庫・五島美術館など)
    9. 2-1-2-9 [コラム]多摩川スピードウェイ
  3. 第2節 
    渋谷の拠点化の進行

    第1項 戦前の活気取り戻す渋谷
    1. 2-2-1-1 戦後復興と第一マーケット
    2. 2-2-1-2 渋谷駅の改良工事
    3. 2-2-1-3 渋谷区桜丘町に本社新社屋を建設
    4. 2-2-1-4 東急会館の竣工で東横百貨店渋谷本店へ
    5. 2-2-1-5 [コラム]東横のれん街
    第2項 渋谷駅周辺の立体的な開発へ
    1. 2-2-2-1 東急文化会館の建設
    2. 2-2-2-2 渋谷地下街の建設
  4. 第3節 
    「多摩田園都市」開発の曙

    第1項 「城西南地区開発趣意書」の発表
    1. 2-3-1-1 田園都市事業の復活
    2. 2-3-1-2 開発委員会方式で土地買収に着手
    3. 2-3-1-3 計画の具体化示す「多摩川西南新都市計画」策定
    4. 2-3-1-4 野川第一地区での先行事例づくり
    第2項 主要交通幹線は道路から鉄道へ
    1. 2-3-2-1 有料自動車専用道路(ターンパイク)計画の申請と断念
    2. 2-3-2-2 鉄道敷設の計画から免許交付へ
  5. 第4節 
    国内観光開発の始まりと企業集団の形成

    第1項 観光・レジャー事業への進出
    1. 2-4-1-1 観光立国としての国家的成長を志向して
    2. 2-4-1-2 営業拠点の案内所を全国規模で急拡大
    3. 2-4-1-3 観光を軸とした地域開発 ①伊豆半島
    4. 2-4-1-4 観光を軸とした地域開発 ②北海道
    5. 2-4-1-5 観光を軸とした地域開発 ③上信越
    6. 2-4-1-6 ホテル事業への本格的な進出
    7. 2-4-1-7 東映と東映フライヤーズの経営
    第2項 東急グループの萌芽
    1. 2-4-2-1 東急不動産の設立
    2. 2-4-2-2 百貨店事業の拡充ー白木屋の買収
    3. 2-4-2-3 各種製造業の取り組み
    4. 2-4-2-4 事業拡張と東急事業団の形成
    5. 2-4-2-5 五島慶太の死去
    6. 2-4-2-6 [コラム]事業の人、五島慶太
第3章 交通輸送の増強と事業分野の拡大 1960(昭和35)年-1969(昭和44)年
  1. 第3章の概要(サマリー)
  2. 第1節 
    三角錐体経営の始動

    第1項 グループ経営の確立へ
    1. 3-1-1-1 五島昇社長による新時代の始まり
    2. 3-1-1-2 「5つの宿題」と経営計画委員会の設置
    3. 3-1-1-3 三角錐体経営の萌芽
    4. 3-1-1-4 初の事業本部制採用とグループ経営管理の強化
    5. 3-1-1-5 コンピュータ導入とグループ利用
    第2項 グループ経営の枠組み形成
    1. 3-1-2-1 東急グループの陣容拡大
    2. 3-1-2-2 事業整理の断行と分離
    第3項 流通部門の再構築
    1. 3-1-3-1 百貨店事業の修正と再拡大
    2. 3-1-3-2 小売業界に台頭するスーパーマーケット
  3. 第2節 
    郊外と都市部を結ぶ交通事業

    第1項 既設鉄道の改善と都心乗り入れ
    1. 3-2-1-1 都市交通審議会の設置
    2. 3-2-1-2 営団地下鉄日比谷線の完成と3者相互乗り入れ
    3. 3-2-1-3 輸送力増強計画と運賃改訂
    4. 3-2-1-4 積極的に進めた立体交差化
    5. 3-2-1-5 [コラム]中目黒1号踏切での東横線と観光バスの衝突脱線事故
    6. 3-2-1-6 自動列車停止装置(ATS)の導入
    7. 3-2-1-7 駅業務近代化の始まり
    第2項 田園都市線延伸区間の開業と新玉川線の建設開始
    1. 3-2-2-1 溝ノ口〜長津田間の建設着手と開業
    2. 3-2-2-2 田園都市線の延伸と、こどもの国線開業
    3. 3-2-2-3 紆余曲折を経た新玉川線のルート

      1)免許線(一次ルート)から工事施行認可線(二次ルート)まで
      2)地下鉄11号線と最終ルート(三次ルート)の決定

    4. 3-2-2-4 玉川線の廃止と新玉川線の建設着手
    第3項 バス事業の拡大から再編成へ
    1. 3-2-3-1 営業路線の拡大と営業所増設
    2. 3-2-3-2 バス事業の収支改善に向けて
  4. 第3節 
    「多摩田園都市」開発の進捗

    第1項 軌道に乗る土地区画整理事業
    1. 3-3-1-1 野川第一、恩田第一、荏田第一をモデル地区に
    2. 3-3-1-2 「多摩田園都市」の誕生と相次ぐ土地区画整理組合の設立
    3. 3-3-1-3 [コラム]「多摩川西南新都市計画」におけるブロック設定の見直し
    第2項 人口定着に向けた街づくり
    1. 3-3-2-1 40万人都市の形成をめざして
    2. 3-3-2-2 土地建物の販売開始と人口誘致
    3. 3-3-2-3 各種生活支援施設の誘致
  5. 第4節 
    伊豆急行ほか交通事業の進展

    第1項 伊豆急行の全線開通
    1. 3-4-1-1 2年間の突貫工事で開通迎える
    2. 3-4-1-2 鉄道収入増と不動産事業の伸展で収益体質へ
    3. 3-4-1-3 [コラム]川奈駅列車衝突事故と「無事故誓いの日」
    第2項 航空事業への本格参入
    1. 3-4-2-1 富士航空の傘下入りから日本国内航空の設立まで
    2. 3-4-2-2 日本国内航空の経営再建と業界再編の動き
    第3項 地方バス事業の展開
    1. 3-4-3-1 各地方における交通事業を中心とした展開

      1)北海道 2)上信越 3)中京

    2. 3-4-3-2 [コラム]長距離路線バス「長野線(渋谷~長野駅)」の開設
    3. 3-4-3-3 [コラム]ハイウェイ時代到来の期待を受けて「東名急行バス」が誕生
    4. 3-4-3-4 マイカー普及や過疎化を受けて多角化を図る地方バス各社
  6. 第5節 
    活発化するホテル・観光事業

    第1項 国内各地へのホテル展開
    1. 3-5-1-1 東京ヒルトンホテルの開業
    2. 3-5-1-2 東急系ホテルの相次ぐ開業
    3. 3-5-1-3 東急ホテルチェーンの形成へ
    4. 3-5-1-4 [コラム]グループ連携による地域開発――赤坂東急ビル
    第2項 観光・レジャー事業の進展
    1. 3-5-2-1 東急観光の成長と東急航空
    2. 3-5-2-2 [コラム]東急タワー大食堂
    3. 3-5-2-3 箱根ターンパイクの開通と周辺地区の開発
    4. 3-5-2-4 レジャー関連分野の台頭
  7. 第6節 
    渋谷再開発の進展

    第1項 新宿・池袋を追尾する渋谷
    1. 3-6-1-1 渋谷再開発促進協議会の発足
    2. 3-6-1-2 [コラム]渋谷まつり「わんわんカーニバル」
    3. 3-6-1-3 東急百貨店本店で面的な広がり促す
    第2項 渋谷駅周辺の改良・整備
    1. 3-6-2-1 東横線渋谷駅の改良、カマボコ屋根の登場
    2. 3-6-2-2 渋谷東急ビル(渋谷東急プラザ)の竣工

凡例

  • 「当社」は時代により目黒蒲田電鉄、(新)東京横浜電鉄、東京急行電鉄、東急を示す。
  • 国有鉄道については、1906年の鉄道国有法による買収以前は「官設鉄道」とし、以降についてはその企業体名に関わらず「国鉄」と表記した。
  • 国有鉄道以外の民営鉄道、公設鉄道については、1章は「私鉄」を、2~9章は「民鉄」と表記した。
  • 鉄道駅については、「停車場」と呼称されていた時代もあるが、現在の一般形である「駅」と表記した。
  • 当社の鉄軌道車両については、(旧)5000系以降は「系」を用い、軌道線車両は300系を除き「形」を用いた。
  • 会社名は、設立などを除き、「株式会社」などの組織名は略した。
  • 本書沿革は1章~9章で構成し、1章~3章については、『東京急行電鉄50年史』をベースに、誤謬の修正および近年の研究成果を反映して再構成した。4章~9章は新たに書き起こした。
  • 年号は西暦を原則とし、各目初出の場合のみ和暦を補足した。
  • 文字については、現代仮名遣いを原則としたが、固有名詞や一部引用部分では旧かな、旧漢字を用いた。表記については一部を除き『記者ハンドブック』(共同通信社2022年)に基づいた。
  • 数字は固有名詞や慣用句を除き、原則として算用数字を用いた。また「万」以上の数を表す場合は単位語を使用し、算用数字4桁にカンマは略した。
    (ただし、図表やそれに類するものには単位語を入れずにカンマを付した)
  • 度量衡は原則メートル法に拠ったが、歴史的経緯からヤード・ポンド法も一部使用した。
  • 人名は歴史的記述の通例にならい、社内外を問わず原則として敬称、敬語を省略した。
  • 行政区域名称は原則として当時のものを用いた。
  • 引用文献は文中または脚注にて典拠を示し、それ以外の参考文献は巻末にまとめた。
執 筆:
建野友保(社史ライター)<1章~9章 ※1章1節を除く>
高嶋修一(青山学院大学経済学部教授)<1章1節>
嶋 理人(熊本学園大学経済学部講師)<1章2節~1章4節 ※鉄道業および電気供給業に関する補足>
制作協力:
凸版印刷株式会社
株式会社エトレ

参考文献

会社史・事業史
  • 東京急行電鉄『東京横浜電鉄沿革史』 1943年
  • 東京急行電鉄『東京急行電鉄50年史』 1973年
  • 東京急行電鉄『新玉川線建設史』 1980年
  • 東京急行電鉄『多摩田園都市 開発35年の記録』 1988年
  • 東京急行電鉄『多摩田園都市 その後の15年の記録(昭和63年~平成15年)』 2005年
  • 旭海運『旭海運株式会社70年史』 2016年
  • 伊豆急行『伊豆急開通10年のあゆみ』 1971年
  • 伊豆急行『伊豆とともに生きる 伊豆急行30年史』 1992年
  • 五島育英会『東京都市大学グループの祖・五島慶太翁生誕130年記念誌 「熱誠」』 2013年
  • 東急観光『旅路30年 東急観光30年史』 1986年
  • 東急ストア『東急ストアのあゆみ』 1989年
  • 東急ストア『東急ストア50年史』 2007年
  • 東急バス『東急バス10年の歩み』 2002年
  • 東急不動産『東急不動産10年のあゆみ』 1964年
  • 東急不動産『街づくり五十年』 1973年
  • 東急不動産『東急不動産創立40年記念誌 日々新たに 豊かさの舞台創りに挑んだ10年』 1994年
  • 東急ホテルチェーン『東急ホテルの歩み』 1990年
  • 東急レクリエーション『東急レクリエーション70年史 ~変革の軌跡~』 2017年
  • 帝都高速度交通営団『営団地下鉄五十年史』 1991年
  • 東急百貨店社友会『東急百貨店年表/秘話』 2015年
  • 東横のれん会『写真で見る東横のれん街50年史』 2002年
  • 日本国有鉄道渋谷駅『渋谷駅一〇〇年史・忠犬ハチ公五〇年』 1985年
  • 日本民営鉄道協会『民鉄協二十年史』 1987年
  • 日本民営鉄道協会『日本民営鉄道協会 50年史』 2017年
  • 阪神電気鉄道『阪神電気鉄道百年史』 2005年
関係資料
  • 赤岩州五『新宿・渋谷・原宿盛り場の歴史散歩地図』 草思社 2018年
  • 朝日新聞社『朝日新聞の記事にみる東京百歳 明治・大正』1998年
  • Azicore「東京の地下鉄の歴史~路線図と年表で時代をさかのぼる~」 WEBサイト https://azisava.sakura.ne.jp/
  • 渥美俊一『21世紀のチェーンストア : チェーンストア経営の目的と現状』 実務教育出版 2008年
  • 池享・櫻井良樹・陣内秀信・西木浩一・吉田伸之『みる・よむ・あるく東京の歴史』7巻 吉川弘文館 2019年
  • 井上篤太郎『交通統制概論』 春秋社 1938年
  • 猪瀬直樹『土地の神話』 小学館 1988年
  • 枝久保達也『戦時下の地下鉄』 青弓社 2021年
  • 老川慶喜『東京オリンピックの社会経済史』 日本経済評論社 2009年
  • 老川慶喜・渡邉恵一『シリーズ情熱の日本経営史⑧ライフスタイルを形成した鉄道事業』 芙蓉書房出版 2014年
  • 老川慶喜『日本鉄道史 大正・昭和戦前篇』 中央公論新社 2016年
  • 小川功「“虚業家”高柳淳之助による似非・企業再生ファンドの挫折―ハイ・リスクの池上電気鉄道への大衆資金誘導システムを中心に―」滋賀大学経済学部研究年報Vol.11内収録 2004年
  • 小野浩『住空間の経済史ー戦前期東京の都市形成と借家・借間市場』 日本経済評論社 2014年
  • 片木篤・藤谷陽悦・角野幸博 編『近代日本の郊外住宅地』鹿島出版会2000年
  • 加藤新一「戦前期「東急」の事業展開と渋谷「総合駅」の形成」青木栄一、老川慶喜、野田正穂 編『民鉄経営の歴史と文化』内収録 古今書院 1992年
  • 川辺謙一『オリンピックと東京改造 : 交通インフラから読み解く』 光文社 2018年
  • 橘川武郎・粕谷誠 編『日本不動産業史』 名古屋大学出版会 2007年
  • 橘川武郎『日本電力業発展のダイナミズム』 名古屋大学出版会 2004年
  • ケンショク「食」資料室「大阪 星岡茶寮 開設の弁」 http://www.rosanjin.net/3505-oosaka.htm
  • 公正取引委員会競争政策研究センター「原始独占禁止法の制定過程と現行法への示唆」 2006年 https://www.jftc.go.jp/cprc/reports/index_files/cr-0206.pdf
  • 国土交通省都市・地域整備局市街地整備課「土地区画整理事業運用方針」 2001年
  • 国立公文書館アジア歴史資料センター『アジ歴グロッサリー「ファッションQ&A」』 https://www.jacar.go.jp/glossary/tochikiko-henten/qa/
  • 小暮仁『「経営と情報」に関する教材と意見』 WEBサイト http://www.kogures.com/hitoshi/index.html
  • 酒井正子「変容する世界の航空界・その4 日本の航空100年(上)」 帝京大学経済学会『帝京経済学研究』44(1) 通号 65号 2010年12月 p.93~124
  • 酒井正子「変容する世界の航空界・その5 日本の航空100年(下)」 帝京大学経済学会『帝京経済学研究』44(2) 通号 66号 2011年3月 p.79~110
  • 渋谷区「渋谷駅街区基盤整備都市計画変更のあらまし」 2009年
  • 渋谷再開発促進協議会『渋谷再開発計画’66』 1966年
  • 渋谷再開発促進協議会『渋谷再開発計画’70』 1971年
  • 渋谷再開発協会WEBサイト http://www.shibuya-redvlp.com/
  • 小学館『ビジュアルNippon昭和の時代 : 高度経済成長期から現在まで、50年間の軌跡』 2005年
  • 鈴木茂三郎『日本財閥論』 改造社 1934年
  • 鈴木清秀『交通調整の実際』 交通新聞社 1954年
  • 鈴木勇一郎『近代日本の大都市形成』 岩田書院 2004年
  • 鈴木勇一郎『電鉄は聖地をめざす』 講談社 2019年
  • 新建築社『郊外のサステナビリティ : 東急電鉄にみる地域開発とその運営』 2013年
  • 泉水文雄「独占禁止法はだれがどのようにして作ったのか」 公正取引委員会競争政策研究センター第4回公開セミナー 2005年4月17日
    https://www.jftc.go.jp/cprc/koukai/seminar/h17/04_4-report_files/izumi.pdf
  • 高田兼吉『市外居住のすすめ』 阪神電気鉄道 1908年
  • 高嶋修一『都市鉄道の技術社会史』 山川出版社 2019年
  • 高嶋修一『都市近郊の耕地整理と地域社会』 日本経済評論社 2013年
  • 高橋岩和「過度経済力集中排除法(1947-54年)と日本における競争秩序の歴史的形成」 明治大学法律研究所法律論叢第89巻第4・5合併号 2017年3月 p.133-173
  • 高橋亀吉『日本財閥の解剖』 中央公論社 1930年
  • 武田晴人『日本経済史』 有斐閣 2019年
  • 武田晴人「現代日本経済史講義 第18回 3-2 戦後改革2 経済民主化政策の展開」 東京大学2004年冬学期講義資料
    https://ocw.u-tokyo.ac.jp/lecture_files/eco_05/5/notes/ja/JEH-18.pdf
  • 辻稜平・山田圭二郎「ヤミ市を起源とする商業空間の形成過程に関する研究 ~新天地・中央味食街を対象として~」土木学会景観・デザイン研究講演集 2017年12月 No.13 p.331-337
  • 堤清二『わが記憶、わが記録 : 堤清二×辻井喬オーラルヒストリー』 中央公論新社 2015年
  • 帝国農会『東京市農業に関する調査(第壱輯)東京市農家の生活様式』 1935年
  • 東京市役所『東京市域拡張史』 1934年
  • 東都よみうり「東京街商協同組合が組織改革」 2012年9月12日 東都よみうり新聞社
    http://t-yomiuri.co.jp/
  • 土志田征一 編『経済白書で読む戦後日本経済の歩み』 2001年
  • 内務省地方局有志 編『田園都市』 博文館 1907年
  • 中川寛子「闇市の面影を残す街~終戦直後に誕生し数年で消えた東京の闇市の今」 LIFULL HOME'S PRESS 2017年2月6日
    https://www.homes.co.jp/cont/press/buy/buy_00603/
  • 中村隆英・尾高煌之助 編『日本経済史6 二重構造』 岩波書店 1989年
  • 沼尻晃伸『工場立地と都市計画―日本都市形成の特質 1905-1954』 東京大学出版会 2002年
  • エベネザー・ハワード『明日の田園都市(Garden City of Tomorrow)』 1902年
  • BJエディターズ『東急バス』 バスジャパン・ハンドブックシリーズ R69 2010年
  • 百貨店日日新聞社『開業満五周年記念出版 東横百貨店』 1939年
  • 平澤勘蔵「荏原郡の田園都市開発と地域の対応」大田区立郷土博物館編『大田区立郷土博物館紀要』 1990年
  • 堀内亨一『都市計画と用途地域制』 西田書店 1978年
  • 街づくり区画整理協会WEBサイト https://www.ur-lr.or.jp/outline/
  • 松下伝吉『中堅財閥の新研究 関東篇』 中外産業調査会 1937年
  • 三木理史『都市交通の成立』 日本経済評論社 2010年
  • 宮田道一『東急の駅今昔・昭和の面影 : 80余年に存在した120駅を徹底紹介』 JTBパブリッシング 2008年
  • 本宮一男「電化の進展と横浜近郊農村 一九二〇年代の橘樹郡大綱村の状況」横浜近代史研究会・横浜開港資料館編『横浜の近代 都市の形成と展開』内収録 日本経済評論社 1997年
  • 百瀬敏夫「桃産地形成と園芸組合」横浜近代史研究会・横浜開港資料館編『横浜近郊の近代史―橘樹郡にみる都市化・工業化』内収録 日本経済評論社 2002年
  • 森地茂「東京圏都市高速鉄道計画の歴史と意義 : 18号答申までの変遷 」 交通経済研究所『運輸と経済』2016年8月号
  • 八十島義之助「東京の通勤鉄道路線網計画に関する研究」 土木学会論文集 1986年7月371号 p.31-43
  • 簗瀬範彦「土地区画整理の制度形成に関する史的考察」 土木学会論文集D2(土木史) 2014年70巻1号 p.53-65
  • 山口和雄ほか編『日本産業史 2』 日本経済新聞社 1994年
  • 山口広『郊外住宅地の系譜―東京の田園ユートピア』 鹿島出版会 1987年
  • 由井常彦『セゾンの歴史 : 変革のダイナミズム 上巻』 リブロポート 1991年
伝記等
  • 五島慶太『私の履歴書』 日本経済新聞社
  • 五島慶太『七十年の人生』 要書房 1953年
  • 五島慶太『事業をいかす人』 有紀書房 1958年
  • 渋沢栄一『青淵回顧録』 青淵回顧録刊行会 1927年
  • 渋沢秀雄『わが町』
  • 菊池久『光芒と闇 : 「東急」の創始者五島慶太・怒濤の生涯』 経済界 1988年
  • 三鬼陽之助『五島慶太伝』 東洋書館 1954年
地域資料
  • 世田谷区『世田谷のおはなし』8巻 1977年
  • 世田谷区生活文化部・国際課『ふるさと世田谷を語る 上馬・下馬・野沢・三軒茶屋・駒沢一~二丁目』 1994年
  • 世田谷区生活文化部・国際課『ふるさと世田谷を語る 尾山台・奥沢』 1990年
  • 東京市『省線渋谷駅を中心とする交通量調査報告書』
  • 東京都首都整備局総務部『渋谷副都心地区実態調査報告書』 1961年
  • 目黒区守屋教育会館『目黒の近代史を古老にきく』 1982年
東急グループの広報誌
  • 東京急行電鉄『会社概要』
  • 東京急行電鉄社内報『清和』
  • 社報『東急社報』
  • 東京急行電鉄『東急グラフ』
  • 東急グループ誌『とうきゅう』
  • 東急百貨店社内報『東急』
統計・地図
  • 逓信省『電気事業要覧』
  • 東京市『東京市統計年表』
  • 『昭和3年渋谷町地図』
  • 日本政府観光局「日本の観光統計データ・訪日外客数の推移」
    WEBサイト https://statistics.jnto.go.jp/graph/#graph--inbound--travelers--transition
  • 日本民営鉄道協会『大手民鉄の素顔』
新聞・雑誌
  • 『朝日新聞』
  • 『実業之日本』 実業之日本社
  • 『実業之世界』 実業之世界社
  • 『鉄道ピクトリアル』 電気車研究会
  • 『東京人』 都市出版 1989年11月号
  • 『ダイヤモンド』『週刊ダイヤモンド』 ダイヤモンド社
  • 『東洋経済新報』 東洋経済新報社
  • 『読売新聞』

50年史(1918~1972)

前半50年の歴史について、より詳しく知りたい方は『東京急行電鉄50年史』(1973年4月発行)をデジタルデータでご覧いただけます。

50年史(1918~1972)