社長メッセージ

東京急行電鉄株式会社 取締役社長 野本弘文

株主・投資家の皆さまへ

本年4月に社長に就任しました髙橋でございます。日ごろから、当社ならびに東急グループの事業活動にご理解を賜り、厚く御礼を申し上げます

景気は、企業業績が緩やかに回復基調にあると言われる一方で、国内消費は伸び悩み、国際政治の先行き、外需の見通しも不透明であり、予断を許さない状況となっております。そのような中、人口動態、消費行動、顧客接点、次世代に向けた事業機会、グローバル市場など、当社を取り巻く事業環境は、大きく変化しております。

こうした状況下で、2018年4月に、新たな中期3か年経営計画「Make the Sustainable Growth」をスタートさせました。2022年に創業100周年を迎える当社が、世の中の変化に対応することで、次の100年も持続的な成長を続ける企業でありたいという想いを込め、「3つのサステナブル(サステナブルな街づくり、サステナブルな企業づくり、サステナブルな人づくり)」を基本方針に据えています。なお本計画は、2012年に長期ビジョンとして定めた、「3つの日本一、ひとつの東急」を踏襲するものです。

前経営計画期間である2015年からの3年間を振り返りますと、二子玉川ライズの全面開業(2015年4月)、国管理空港としては民営化第一号となる仙台空港の運営開始(2016年7月)、渋谷キャスト開業(2017年4月)、伊豆観光列車の運行開始(2017年7月)など、着実に事業の歩みを進めてきました。収益面でも、交通事業とホテル事業が、ネットワーク化の効果とインバウンド客の増加により好調に推移したほか、大型物件の開業による不動産賃貸収入の増により、今後のさらなる飛躍に向け、土台を整えることができたと総括しています。一方で、昨秋の田園都市線での度重なる輸送障害では、多くのお客様にご迷惑をお掛けするなど、安定輸送に向けた課題が残っていると認識しております。

今般始動した経営計画では、5つの重点施策を定めています。それは、
① 鉄道事業の強靭化に向けた「『安全』『安心』『快適』のたゆまぬ追求」
② 100年に一度と言われる渋谷再開発に向けた「世界のSHIBUYAへ」
③ 持続的に成長し続ける沿線に向けた「沿線価値・生活価値の螺旋的向上」
④ 安定的な国内外拠点強化に向けた「戦略的アライアンスによる事業拡大」
⑤ 東急版働き方改革に向けた、「ワークスタイル・イノベーションの進化」 です。これらに取り組むことが、「3つのサステナブル」実現につながると考えております。

当社ならびに東急グループは、交通、不動産、生活サービスの3つの事業を核に、ホテル・リゾート事業など幅広く、お客さまの暮らしに密着した事業を展開しています。今後も「安全」をすべての事業の根幹とし、企業の社会的責任を果たすことで、「東急」がステークホルダーの皆さまから愛され、信頼されるブランドとなるよう、尽力してまいります。引き続き当社ならびに東急グループの事業活動にご愛顧とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。



 

関連リンク