東急100周年ロゴ

TOKYU TRAIN HISTORY

東急グループは、
おかげさまで100周年を迎えます。
創業当初から現在まで、
東急線を走ってきた歴代の
車両をご紹介します。

1923年
デハ1型

デハ1型

茶色の小さな車両は、まちづくりとともに走りはじめた。

目黒蒲田電鉄※が目黒~丸子(現沼部)間の開業時に導入した小型の電車。茶色の塗装に、田の字にトが四個配された田園都市会社の社紋が記されました。※当社の前身

1925年
デハ100型

デハ100型

東横線開業に向けて、半鋼製の力持ちが登場。

東京横浜電鉄※が丸子多摩川(現多摩川)~神奈川(反町ー横浜間、現在廃駅)間の開業に備え導入。関東大震災の教訓から半鋼製になり、牽引力もデハ1型の2倍に。※当社の前身

1931年
モハ510形

モハ510形

昭和初期から平成まで走り続けた長寿車両。

同一形式で50両が生産され、車種の統一によって保守・運用の合理化につながる画期的な車両。後にデハ3450形となり、1989年の旧3000系引退まで活躍を続けました。

1936年
ガソリンカー・キハ1形

ガソリンカー・キハ1形

ガソリンで走る、流線型の超レア車両。

変電所の増設をせずに急行運転を行うために東横線に導入されたガソリンカー。その後の戦時燃料統制などもあり、短期間の活躍に終わりました。

1920年 ※1938年に当社に合併
デハ1形

デハ1形

渋谷ー二子玉川間を走っていた「玉電」のご先祖様。

玉川電気鉄道を合併した際に編入された木製車両。後にデハ1形となり、さらに鋼体化されてデハ80形の一員になりました。

1948年
デハ3700形・クハ3750形

デハ3700形・クハ3750形

戦後、資材不足のなか平和に向けて走り出した。

物資が不足する中、戦後初の新造車両として製造された17m級車両。車体更新などを経て、1980年まで活躍。1975年および80年には名古屋鉄道に譲渡されました。

1950年
デハ80形

デハ80形

なんと、50年以上現役で走り続けた玉電のスター選手。

1950年に導入され、その後木製車の鋼体化改造での編入なども行われました。優美な姿も相まって玉川線の代表的車両として、世田谷線となった後の2001年まで活躍しました。

1954年
5000系(初代)

5000系(初代)

軽やかにまちを走った「青ガエル」。

航空機由来のモノコック構造を採用し、車体重量をそれまでの約3分の2に押さえた東急初の高性能車両。ライトグリーンで丸い外観から「青ガエル」と呼ばれました。

1955年
デハ200形

デハ200形

愛称「ペコちゃん」は、乗り降りのしやすさも愛された。

乗降しやすい低床の連接車として、当時最新鋭の技術を使って製造された路面電車。「ペコちゃん」の愛称で親しまれ、今も電車とバスの博物館で保存されています。※「ペコちゃん」は㈱不二家の登録商標です

1958年
5200系

5200系

日本初のステンレス車両は、実は東急でした。

電気部品や台車は5000系(初代)と同じものを使い、車体外板をステンレスとして4両製造。日本初のステンレスカーとして7000系と共に機械学会の機械遺産に指定されました。

1960年
6000系(初代)

6000系(初代)

新技術をつぎつぎと投入した、新時代の通勤電車。

2両ユニット電動車、回生ブレーキなどの新技術や、両開き扉を当社で初めて導入するなどその後の通勤電車の基礎を築いた車両です。

1962年
7000系(初代)

7000系(初代)

骨組みから外装までステンレスに。半世紀前から、サステナブルです。

日本初のオールステンレスカーとして登場し、東横線急行や当社初の地下鉄乗り入れ車両として使用。車体寿命は大幅に伸び、VVVF車7700系に改造され現在も他社で活躍中です。

1969年
8000系

8000系

ハンドル1本で運転。このスタイルはやがて日本の電車で常識になった。

当社初の車体長20mの大型車両として登場。世界初の省エネ制御方式をはじめワンハンドルマスコンなど数々の新機軸を打ち出しました。

1975年
8500系

8500系

当社を代表する通勤車両として、長く走り続けました。

新玉川線用に製造され、車内信号式ATC装置を備え、当社の代表的な通勤車両として増備が続きました。鉄道友の会のローレル賞も受賞しています。

1986年
9000系

9000系

通勤電車は、ずいぶん前から省エネをがんばってました。

VVVFインバータ制御、交流モーターを新造時から本格採用した車両。左右非対称の前面や車内の一部にクロスシートを採用するなど、通勤車両のイメージを大きく変えました。

1988年
1000系

1000系

地下鉄乗り入れのために導入され、いまは地上の池上線、東急多摩川線を走る。

9000系をベースに車体を18mと短くし、東京メトロ日比谷線乗り入れ車両として導入された車両です。現在は池上線、東急多摩川線で活躍中です。

1999年
300系

300系

レトロな顔で、まちをやさしく走ってます。

省エネルギーと保守の省力化、低騒音を実現した世田谷線の新世代車両。ホームも高くし、乗り降りがしやすくなりました。10編成全てが異なるカラーをまとっています。

1999年
3000系

3000系

快適さはもちろん、やさしさも大事にしています。

目黒線用の車両として「すべてにやさしく美しい車両」をコンセプトに、吊り手の一部や荷棚を低くし、最適な車内温度に制御できる冷房装置をはじめて搭載しました。

2002年
5000系

5000系

環境のことも考えて、ダイエットをがんばりました。

熱線吸収・紫外線カット窓ガラスなど車内環境を向上。車体や機器の集約による軽量化や、走行時の騒音も低減し、使用電力を8500系に比べ約40%削減しました。

2007年
7000系

7000系

バリアフリーも快適性も、どっちも大切ですから。

5000系車両をベースに池上・東急多摩川線用に登場した18m車両。車いすやベビーカーに対応できるフリースペースや3人掛けのクロスシートを設け、快適性の向上も図りました。

2008年
6000系

6000系

澄ました顔してますが、乗る人のこと考えてます。

5000系車両をベースに大井町線急行用として登場。斬新なデザインの先頭車両が特徴。車いすスペースには2段手すりを設置し、よりバリアフリーを考えた車両です。

2018年
2020・3020・6020系

2020・3020・6020系

安心して乗れる、心地よく乗れるを、もっと。

2020系は田園都市線最新鋭車両。低騒音化を一層進め、基本設計や主要機器は他社の車両等と共通化し保守性を向上。目黒線用の3020系、大井町線用の6020系も登場しています。