渋谷ちかみち

「渋谷ちかみち」とは、渋谷ヒカリエからSHIBUYA109まで渋谷駅の地下を端から端まで結ぶ地下通路の名称です。
改札を出たら、目的地にいちばん近いところまで「渋谷ちかみち」で行きましょう! 便利な施設もいろいろあります!

東急電鉄

渋谷ツウになろう!

知っているともっと楽しめる、渋谷情報を集めました。

渋谷のどまんなか「しぶちか」大解剖

スクランブル交差点の真下に位置する渋谷地下街、通称「しぶちか」は、昭和32年から続く歴史ある商店街です。さすが渋谷のどまんなか、ファッションや趣味の商品を扱う個性的なショップが軒を連ねています。東急線ハチ公口改札からすぐなので、地上に出る前に一度じっくり楽しんでみてください。

詳細はこちら

日本初の名店街「東横のれん街」でお買い物

日本初の名店街として、昭和26年にオープン。伝統ある各地の老舗や逸品を扱う名店が集まっており、平成24年には渋谷マークシティ地下1 階に移転し、東急フードショーと直結。渋谷で一番の広さを誇る食の一大マーケットとしてにぎわっています。

詳細はこちら

「渋谷マークシティ」を使いこなそう!

東横のれん街が入る「渋谷マークシティ」は、ショッピングやグルメだけでなく、さまざまな機能を持った複合ビルで、ウエスト棟5Fには日本各地や空港行きの高速バスターミナルもあります。そして、渋谷マークシティを通ると、そのまま道玄坂上方面に行けることをご存知ですか?
知っていると便利な「渋谷マークシティ」を図解でご紹介します!

拡大して見る    印刷用PDFダウンロード(PDF 441KB)

旅のはじまりは渋谷から!空港行きバスのほか日本中あちこちへ!


渋谷マークシティ ウエスト棟5F の高速バスターミナルからは、羽田・成田空港へのリムジンバスのほか、北は東北地方から西は中国・四国地方まで、日本中に向けて長距離バスを運行しています。

【のりば】 渋谷マークシティ ウエスト棟5F
渋谷からの高速バスネットワーク
[東北]仙台・石巻、鶴岡・酒田
[関東甲信越]成田空港、羽田空港、河口湖・富士急ハイランド、上高地
[東海]三島・沼津、静岡、藤枝・相良、浜松
[北陸]金沢・小松・加賀
[近畿]京都、大阪、神戸・姫路
[中国]松江・出雲
[四国]徳島、今治

渋谷を楽しむ(ショッピング・グルメ・宿泊)

ショッピング&グルメを楽しむ

渋谷でぜひ行ってみていただきたいショッピングスポットや文化施設のホームページリンク集です。お出かけ前にチェック!

宿泊する

贅沢を味わうホテルから、長期滞在型の洗濯乾燥機付きホテルまで、タイプの違う宿泊施設をご案内します。

変わりゆく渋谷、未来の渋谷

渋谷の街を最大限に生かし、渋谷を「日本一訪れたい街」とすることを目標にして、現在再開発工事を進めています。

2027年の完成予想図。左端の「渋谷ヒカリエ」をしのぐビルが建ち、見違えるような景色に。

日本最大級の屋外展望台を備えた新たなランドマークが誕生

渋谷駅街区

東棟2019年度竣工(予定)/中央棟・西棟2027年度竣工(予定)

東棟、中央棟、西棟の3 棟から成り、東棟は2019 年度、中央棟・西棟は2027年度の竣工を予定しています。3 棟合計で延床面積が約276,000m2となる大規模開発であり、地上47 階、高さ約230m からなる東棟の屋上には、日本最大級の規模を誇る屋外展望台も設置され、名実ともに街の新しいシンボルとなります。

世界から常に注目を集め続ける街の実現

渋谷駅周辺で最大級となる貸床面積約73,000m2のハイグレードオフィスと、中·低層部には世界から集客し街のにぎわいにつなげる店舗面積約70,000m2の大規模商業施設を備えています。大規模ターミナル駅を中心とする都市再生のモデルプロジェクトとなるとともに、世界中から常に注目を集める街の中心的な役割を果たしていきます。

日本最大級の屋外展望台で来訪者を魅了

渋谷随一の高さ(地上約230m)から、代々木公園の後方に広がる新宿の超高層ビル群、六本木・都心方面、そして富士山に至るまで、遮るものがない素晴らしい眺望が広がります。
さらに、世界的観光名所であり、世界一人通りが多いともいわれるスクランブル交差点を眼下におさめ、渋谷の圧倒的なダイナミズムを体感できる場所となります。
超高層ビルの屋上を全面的に活用したものでは日本最大級の規模を誇り、その開放感は圧倒的です。

安全で快適な街をめざして

交通結節機能の強化や歩行者の利便性の向上、防災機能の強化を図ります。東西駅前広場をつなぐ自由通路の拡充や、アーバン·コア※の整備、渋谷駅街区と宮益坂上方面、道玄坂上方面をつなぐスカイデッキの整備、災害時に帰宅困難者を受け入れる一時滞在機能の整備などを行います。

※アーバン・コア
エレベーターやエスカレーターにより多層な都市基盤を上下に結び、地下やデッキから地上に人々を誘導する、街に開かれた縦軸空間

渋谷駅を便利に!「出入口14番」を改良します。

詳細はこちら


渋谷川沿いに生まれる、潤いとにぎわいの空間

渋谷駅南街区

2018 年秋開業(予定)

東横線と東京メトロ副都心線との相互直通運転開始による東横線渋谷駅の地下化で利用されなくなった旧東横線渋谷駅のホームおよび線路跡地に、地上35 階高さ約180mの高層複合ビルを計画しています。2015年8月に本格着工し、2018年秋の開業予定です。

次世代の産業が育まれる場として

貸床面積約45,000m2のオフィスとこれらを支援する機能を備え、クリエーティブ・コンテンツ産業拠点の1つとなることを目指します。高層部にはフロアあたり約2,100m2のオフィスを配し、中層部には東急ホテルズによる約180 室のホテル、低層部にはイベントホール、商業施設などを配置します。育成・創造・交流・発信を加速させる環境を創出し、クリエーティブワーカーの聖地を目指します。

旧東横線渋谷駅を記憶に残し、ダイナミックに変わる

建物の低層部では、東急線、東京メトロ線、JR 線の新設出入口と直結する歩行者専用デッキや地下通路、緑の遊歩道整備などを行います。渋谷三丁目地域と渋谷駅の利便性を高め、地域内の回遊を促進し、渋谷駅南側のイメージを大きく変えていきます。
一方、1927年の開業時から渋谷の発展に貢献してきた旧東横線渋谷駅を記憶として残すべく、国道246号を跨ぐ旧駅の高架部分を渋谷駅街区と渋谷駅南街区をつなぐ歩行者デッキとして再利用するとともに、かまぼこ屋根などのデザインを取り入れます。

自然資源を活用してにぎわいを生み出す

官民連携による渋谷川の再生とにぎわいの創出は渋谷駅南街区の大きな特徴です。現在、水量も緑も少ない渋谷川に、清流復活水を活用して水流を取り戻し、川沿いに約600mに及ぶ緑の遊歩道とにぎわいの広場を整備することで、都市における水辺のにぎわいと潤いの空間を取り戻します。

壁へき泉せんと渋谷川沿い店舗のにぎわい(イメージ)

渋谷ヒカリエ方面から望む全体像

渋谷文化プロジェクト

渋谷をもっと楽しく! 働く人、学ぶ人、遊ぶ人のための情報サイト。次の時代の渋谷をより魅力的な街にしていくプロジェクトのひとつとなることを目指します。

詳細はこちら

渋谷フォトミュージアム

渋谷の風景写真アーカイブサイト。世代を超えて残したい渋谷に関わる古い写真に加え、「今の渋谷」も数多く蓄積しています。

詳細はこちら

SHIBUYA +FUN PROJECT

官民が連携し渋谷のまちの魅力づくりに取り組む組織「渋谷駅前エリアマネジメント協議会」が、取り組む「SHIBUYA +FUN PROJECT」に東急電鉄も参画しています!

詳細はこちら