PASMO

PASMOの払いもどし(一体型PASMOを含む)

PASMOがご不要になったときは、払いもどすことができます。
また、定期券のみを払いもどし、引き続き記名PASMOとしてご利用することもできます。

PASMOの払いもどし

有効期限切れの鉄道定期情報があるときは各駅窓口でも払いもどしができます。(世田谷線・こどもの国線をのぞく)

営業時間内であっても0:50~5:00までは、払いもどしのお取扱いはできません。

ご注意くださいご注意ください。

SF残額のみの払いもどしはできません。

記名PASMOや定期券の払いもどしの際は、ご本人を確認できる公的証明書(免許証・健康保険証など)が必要です。

「SF残額と電車定期券の払いもどし計算額を合算した額」が払いもどし手数料(220円)以下の場合は、デポジット(預り金)500円のみお返しします。

バス定期券の払いもどしについては、こちらをご覧ください。

電車定期券とバス定期券が両方付加されている場合は、係員におたずねください。

世田谷線定期券が付加されている場合は、係員におたずねください。

ノッテチャージサービスやエキッズなどPASMOの番号を利用して登録しているサービスにつきましては、別途解約の手続きが必要になることがあります。詳しくはサービス提供会社にお問い合わせください。

東急線の定期券うりば