美しい時代へ-東急グループ 東急電鉄

「END展~死から問うあなたの人生の物語~」
iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズにて5月27日から開催

2022年4月21日

東急株式会社(以下、東急)、東急ラヴィエール株式会社(以下、東急ラヴィエール)、一般社団法人Whole Universe(以下、Whole Universe)は、死に関するさまざまな問いを来場者に投げかける参加型の展覧会 「END展~死から問うあなたの人生の物語~」(以下、本展覧会)をiTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズにて、2022年5月27日(金)~6月8日(水)に開催します。

人生100年時代。世界に類を見ない超高齢社会を迎えている日本では、多様な生き方を選ぶ人が増える中で、「老後の生活」のイメージは徐々に刷新され、洗練の兆しを見せています。

本展覧会は、超高齢社会において、生活者一人ひとりのこれからの人生を心豊かで充実したものにすることを目指す東急ラヴィエールと、アート&サイエンスを軸に分野横断的なプロジェクトを遂行するWhole Universeが連携し、普段あまり考えることのない死について思いを巡らせる機会を創出することを目的にしています。
展覧会場では、死や人生に関するさまざまな問いを軸に、テーマと関連する「名作マンガの1シーン」をセットで紹介するほか、自分の大切な人へ「最後に伝えたい言葉」を参加者から事前に募集し、展示する作品《Type Trace/Last Words(10分遺言)》、テクノロジーが進展する時代の新たな死のありようを描いた短編マンガ作品などを展示します。入場料は無料です(事前予約制、入場にはWEBサービス「Hiraql(ヒラクル)」へのご登録が必要です)。

東急は、2019年9月に発表した「長期経営構想」の東急の描く未来(2050年目線)において、「Well-being(ウェルビーイング)」と「Social-harmony(ソーシャルハーモニー)」を軸とした、東急ならではの『世界が憧れる街づくり』」を掲げています。今後もラヴィエール事業を通じて、“文化的で豊かな都市生活”を次世代へつなぎ、「サステナブルな街づくり」の実現に貢献することを目指します。

イメージ