人へ、街へ、未来へ。 東急電鉄

(再掲)【ご報告】東横線日吉駅~元住吉駅間での線路内一部陥没を受けた安全確認の実施について

2021年12月18日

 12月13日(月)14時44分頃、東横線日吉駅~元住吉駅間、線路内一部陥没により、東横線・目黒線で運転見合わせが発生しましたことを、心よりお詫び申し上げます。陥没は、バラスト下の盛土の一部に空洞が生じたことから発生したと推測され、空洞が生じた原因は調査中です。
 陥没箇所、及びその周辺において、以下の安全確認作業を実施し、現在は添乗、徒歩による監視体制を継続しながら、通常速度で走行しております(12月14日(火)~
17日(金)の間は一部の列車で速度を落として走行)。
 同様の事象が発生しないよう最善を尽くすとともに、引き続き安全・安定運行に取り組んでまいります。

陥没箇所の安全確認作業 (12月13日(月)~14日(火)夜間実施)
1.陥没箇所近傍に鉄製の棒を押し込む探針調査を行い、盛土の空洞の有無を確認
2.陥没箇所近傍のバラスト撤去、盛土の一部を掘削し、陥没箇所に埋めたバラストの充てん状況を確認
3.盛土、バラストを戻し、つきかため 
4.軌道検査において異常がないことを確認

陥没箇所周辺の安全確認作業 (12月16日(木)~17日(金)夜間、17日(金)~18日(土)夜間実施)
1.地中レーダーを用いた空洞探査
2.確認を要する箇所のバラスト撤去、盛土の一部を掘削
3.盛土、バラストを戻し、つきかため
4.軌道検査において異常がないことを確認

地中レーダーを用いた探査状況写真

                                                      以 上