ページの先頭です。

ページの本文へ

メインメニューへ

サブメニューへ

フッタへ

ページの本文です。

東横線「NO END 東横 渋谷ターミナル号」運行のお知らせ

2020年3月05日

 当社は、東横線所属のラッピング電車を使用したPRトレイン「NO END 東横 渋谷ターミナル号」を2020年3月6日より3月31日まで運行します。

 関東初の私鉄運営ターミナル百貨店、そして都内屈指のターミナル駅ビルの百貨店として長年ご愛顧いただいてまいりました東急百貨店東横店が渋谷駅周辺の再開発事業の進捗に伴い、2020年3月31日(火)をもちまして営業を終了(地下1階食品売り場は営業を継続)することを背景に、「東横 渋谷 ターミナル」へのオマージュを捧げるため、NO END 東横 渋谷ターミナル実行委員会(実行委員長:渋谷道玄坂商店街振興組合理事長 大西賢治)を渋谷駅周辺関係者、株式会社東急百貨店、東急株式会社、当社で組成し、各種プロモーションを展開。本企画はその一環として実施するものです。

 本企画では、かつて東横線で活躍した代表的車両で緑の塗装と丸みを帯びた外観で「青ガエル」と呼ばれて親しまれた旧5000系を模したラッピング電車を使用し、ヘッドマークを装着して運行します。また、車内ではポスターにて“東横 渋谷 ターミナル”の変遷をたどるとともに、車内ビジョン(TOQビジョン)にて往年の東急百貨店のテレビコマーシャルを放映します。

 「NO END 東横 渋谷ターミナル号」から東急百貨店東横店の85年の長きにわたるご愛顧への感謝をお伝えするとともに、“東横 渋谷ターミナル”への変わらぬご愛顧をよろしくお願いし申し上げます。


▲東急百貨店東横店を背景に出発する旧5000系             ▲車内ポスター一例             ▲ラッピング電車(青ガエル)

【参考】
「NO END」とは
 東急百貨店東横店西館9 階にあった劇場「東横ホール」には、彫刻家イサム・ノグチがデザインを手がけた緞帳(どんちょう)が下がっていました。その緞帳の作品タイトルは“No end”(無窮)――「久しい過去に始まって、変わらず続くこと」という思いが込められています。
「東横ターミナルデパート(東横店)」の営業終了は、まさに「緞帳を下ろすこと」を意味しますが、イサム・ノグチが込めた「NO END」の思いと同じく、「ターミナルデパート」が築き上げてきたカルチャーは、これからも消え失せるものではありません。そんな思いを込めて、今回キーメッセージとして採用しています。

ページの先頭へ