美しい時代へ-東急グループ 東急

nexus構想の地域コモンズ拠点「nexusチャレンジパーク早野」が開業から2周年
~開業以来、地域住民とともに多くの賑わいを創出 2周年アニバーサリーイベントも開催~

2024年4月09日

2022年より当社が推進する、多摩田園都市エリアにおける新たなまちづくりを目指す「nexus(ネクサス)構想」(以下、本構想)の第1号拠点である「nexusチャレンジパーク早野」(以下、同施設)が2024年4月7日で開業から2周年を迎えました。

同施設は、川崎市と横浜市の市境近辺にある虹ヶ丘、すすき野団地エリアに位置します。多世代交流や地域のコミュニティ形成を図り、共感・共助を生み出す地域のコモンズとして地域住民やバディである行政、学校、企業などとともに、生活者起点での魅力的な街の仕掛けづくりに挑戦し続けてきました。
開業から2024年3月までの累計来場者数は2万人を超え、延べ150組以上のイベント出店、また、空中配送ロボット・自動運転モビリティ・ペロブスカイト太陽電池などの社会課題解決に向けた50を超えるバディとの実証実験や取り組みを実施しました。

今般、2周年を記念して2024年4月12日(金)・13日(土)の2日間でアニバーサリーイベント「チャレパ感謝祭」(以下、本イベント)を実施します。本イベントでは、近隣の公立小学校や幼稚園・保育園などと連携した青空ミニコンサートや、自分の描いた絵を太陽電池にするワークショップなど実証実験を取り組んでいるバディと連携した企画を実施します。また同施設の有料会員施設である焚き火エリアを無償で一般開放するほか、同施設で取り組む6つのサステナブルテーマを企画に盛り込んで実施します。その他、地域住民主催の出店企画など、2日間にわたり地域と連携した賑わいと交流機会の創出で、住民の方と一緒に地域を盛り上げます。

さらに、本イベントでは同施設の開業2周年を記念してシンボルツリーを植樹します。この植樹はグループ企業である東急建設株式会社が提供する「チイキツリー」を採用。本構想が推進するサステナブルテーマである「資源循環」として推進する取り組みです。

生活者の声を起点とする本構想をさらに推進すべく、今後も周辺住民や、多様な領域のバディとの連携を拡大するとともに、各種実証実験や事業化を積極的に推進し、Walkable Neighborhood(歩きたくなるまち)の実現に邁進します。

image