人へ、街へ、未来へ。 東急電鉄

《東急電鉄:ニュースレターVol.5》相鉄・東急新横浜線開業1周年を記念し、記念NFTの配布イベント「NFTラリー」を2024年3月16日(土)から開催

2024年3月11日

相鉄グループの相模鉄道株式会社(本社・横浜市西区、社長・千原 広司、以下「相模鉄道」)と東急電鉄株式会社(本社・東京都渋谷区、取締役社長・福田 誠一、以下「東急電鉄」)は、2024年3月16日(土)から、相鉄・東急新横浜線開業1周年を記念して、相鉄新横浜線および東急新横浜線の各3駅において、記念NFT※1(Non-Fungible Token:非代替性トークン)を配布し、相鉄線・東急線をめぐりながらNFTを集めていただく「NFTラリー」(以下、本イベント)を開催します。

本イベントは、相鉄線・東急線をめぐりながら、相鉄・東急新横浜線の開業で一層利便性が向上した、両社沿線の魅力を表現したイラストや特別な写真を限定NFTコンテンツとして集めていただくことで、新しい沿線の楽しみ方や発見を提供することを目的に行うものです。

NFTの配布は、相模鉄道においては今回が初めての実施となり、東急電鉄においては、2023年3月から「TOKYU RAILWAYS NFT PROJECT」(以下、本プロジェクト)を開始しており、東急新横浜線開業時には、記念NFTの無償配布やNFT保有者限定でお楽しみいただけるコンテンツを提供してきました。

本イベントにおけるNFTの配布は、相鉄新横浜線の新横浜駅・羽沢横浜国大駅・西谷駅、東急新横浜線の新横浜駅・新綱島駅・日吉駅の計6駅で実施します。受け取っていただいたNFTは、本プロジェクトが実施するNFT配布イベントならびに公式オンラインストアにて販売予定のNFTとともに、コレクションが可能となっています。
なお、本イベント参加の際は、3月16日(土)から販売する「東急線・相鉄 共通1日乗車券」をぜひご利用ください。
今後も、両社で相鉄・東急新横浜線の開業1周年を盛り上げてまいります。

詳細は別紙をご確認ください。

image