駅員がこの駅をご紹介します

東急多摩川線の終点、蒲田駅の一つ手前の駅です。はるか昔、ヤマトタケルがこの近くで多摩川を渡る時、敵に矢を放ったという言い伝えが駅名の由来と言われています。多摩川までは駅から歩いて15分ほど。多摩川大橋ができたことで廃止されましたが、かつては渡し船が行き来しており、発着場所の跡地は矢口の渡し跡として大田区の文化財に指定されています。駅周辺には2つの商店街があり、駅前に延びる矢口の渡商店会では、毎年夏に「わたし盆踊り」というお祭りが開催されます。駅から環八を渡ると、安方商店街があります。日本体育大学の系列校、日本体育大学荏原高等学校まで続いており、駅から高校までは徒歩7分ほどです。

矢口渡駅おでかけスポット

多摩川大橋緑地

第二京浜道路(国道1号)の多摩川大橋の東京側、多摩川大橋を挟んで東西に広がる多摩川河川敷に整備された緑地。幅が狭くグラウンドなどがないため、サイクリングロードや遊歩道が中心の緑地で、東側の「ブタさん公園」で親しまれるブランコやブタなどのオブジェが置かれた遊び場では、楽しそうに遊ぶ親子連れの姿が見られる。区内最後の渡船場として昭和24年(1949)まで存続した「矢口の渡し」の案内碑は多摩川大橋の西側に。

駅周辺のイベント

駅周辺のニュース

  1. 蒲田
  2. 矢口渡
  3. 武蔵新田