駅員がこの駅をご紹介します

東急多摩川線の終点、蒲田駅から2つ目の駅です。駅名の「新田」は、この近くで最期を遂げた南北朝の武将、新田義興に由来しており、駅から徒歩約3分の「新田神社」は、その霊を鎮めるために建てられたといわれています。境内にある樹齢700年といわれるケヤキの御神木は、触れると長寿や若返りのご利益があるとか。破魔矢はこの神社が元祖と言われています。駅前からは「武蔵新田商店会」という商店街が長く延びており、お店の数は100以上。新田神社もこの商店街の途中にあります。多摩川河川敷までは駅から徒歩15分ほど。ランニングやサイクリングを楽しむ人が多く、近くにはスポーツクラブ「東急スポーツオアシス多摩川」もあります。

武蔵新田駅おでかけスポット

新田神社

新田神社

東急電鉄多摩川線の武蔵新田駅から徒歩数分のところにある新田氏ゆかりの神社。正平13年(1358)に矢口の渡しで謀殺された新田義興(義貞の子)の御霊を鎮めるため、新田大明神として祀ったのが始まり。浄瑠璃・歌舞伎『神霊矢口渡』でも知られる、江戸中期の蘭学者・戯作者平賀源内が参拝し、境内の神聖な篠竹で作った厄除開運・邪気退散の「矢守」は、破魔矢の発祥とされている。

駅周辺のイベント

駅周辺のニュース

  1. 矢口渡
  2. 武蔵新田
  3. 下丸子