駅員がこの駅をご紹介します

東横線の特急以下全線が停車し、東京メトロ日比谷線の乗り入れで銀座方面に乗り換えることができる便利な駅です。高架駅の下には山手通りが貫き、これと並行して目黒川が流れているのがこの土地の特徴。駅周辺には新しい複合ビルが立ち並び、2003年に目黒区総合庁舎が移転したことで目黒区の中心駅となりました。一方で周辺の4つの商店街にはのんびりと買い物を楽しむお年寄り、目黒川沿いにはカフェやスイーツショップを巡る若者の姿が目立ち、さまざまな魅力にあふれています。目黒川沿い約800本のソメイヨシノは、都内でも有数の桜スポット。毎年4月に行われる「中目黒桜まつり」を中心に、桜の季節は観光客を含む多くの人々でにぎわいます。

中目黒駅おでかけスポット

目黒川

目黒川

目黒川は世田谷区の武蔵野の台地から目黒区、品川区を流れ、天王洲で東京湾に注ぐ約8kmの川。目黒区エリア約4kmには、約800本ものソメイヨシノを中心とする桜が咲き誇る。舟入場橋付近から上流は、川幅が狭く桜が川を覆い尽くし、下流は川幅が広く遊歩道が整備され、それぞれ花見が楽しめる。

中目黒公園

平成14年(2002)に開園した区立公園。もと旧金属材料研究所だった敷地は約2万2000平方mと広大。園内には「いこいと展望の広場」「じゃぶじゃぶ池」「ちびっこ広場」「みんなの花壇」など、子どもから大人まで楽しめる施設が揃っている。ビジターセンターとしての役割ももつ「花とみどりの学習館」は、屋上の緑化や屋根に降った雨水の貯留など、環境に配慮した建物で、花や緑についての学習ができ、公園ボランティア活動の拠点にもなっている。犬との散歩は、公園の通路部分のみだが、1.5m以内のリード着用で楽しめる。

駅周辺のイベント

駅周辺のニュース

  1. 祐天寺
  2. 中目黒
  3. 代官山