駅員がこの駅をご紹介します

東横線横浜寄りの各駅停車駅。新横浜駅へは隣の菊名駅からJRで1駅という便利な立地です。周囲には小・中・高校と学校が点在していますが、お年寄りが多い静かな環境が特徴。港北区役所をはじめ、銀行や郵便局、東急ストアなどのスーパーが充実していて暮らしやすい環境です。駅の東西を貫く通りには大倉山商店街が広がっていて、西側のエルム通商店街、オリーブ通商店街、東側のレモンロード商店街で構成されています。また、駅から約5分の場所には梅林で有名な大倉山公園があり、毎年2~3月の「大倉山観梅会」は多くの人でにぎわいます。ここには1991年(平成3)に市の有形文化財に指定された横浜市大倉山記念館があり、地域に根差した文化的な催しが行われています。

大倉山駅おでかけスポット

師岡熊野神社

師岡熊野神社

奈良時代初期の創建と伝わる古社。祭神は伊邪那美尊[いざなみのみこと]など3柱で、関東地方における熊野信仰の根拠地として、横浜北部の総鎮守として古くから崇敬を受けている。社紋は神武東征の際に道案内として遣わされた八咫烏[やたがらす]。サッカー日本代表チームのエンブレムと同じため、近年では「サッカー神社」としても親しまれ、日本サッカー協会公認のお守りが販売されている。1月の筒粥神事をはじめ、6月の夏越の大祓など古式ゆかしい祭事も多い。郷土資料や神社社宝・文書を展示する熊野郷土博物館も併設。

大倉山公園

大倉山公園

東急東横線大倉山駅の北西、高台に広がる都市公園。東急の太尾公園と実業家・大倉邦彦が開設した大倉精神文化研究所(現・横浜市大倉山記念館)とその敷地を横浜市が購入、整備して、大倉山公園となった。広さ約6万9000平方mの園内には、開園当時に整備された梅林をはじめ、横浜市指定有形文化財となっているギリシャ神殿風の大倉山記念館やピクニック園地などがあり、散策には最適。2月下旬~3月初旬には、梅林の約46種220本の梅が見ごろとなって多くの人々で賑わう。

駅周辺のイベント

駅周辺のニュース

  1. 菊名
  2. 大倉山
  3. 綱島