伊豆の新たな旅の提案

2017年7月、当社と伊豆急行は、JR横浜駅と伊豆急下田駅を結ぶ新たな列車「THE ROYAL EXPRESS(ザ ロイヤル エクスプレス)」の運行を開始しました。関連施設や周辺の環境も整備し、伊豆の地域活性化に向けて、地元の方々、また東急グル―プ各社とも連携し新たな旅をご提案することで、伊豆の魅力を国内外に発信しています。

「THE ROYAL EXPRESS」

© ドーンデザイン研究所

8両編成・定員約100名の、国内最大級の観光列車です。客車、食堂車、キッチンカー、コンサート・結婚式・展示会などさまざまな活用が可能なマルチカーで編成されています。先端技術から生まれる素材や工法に、伝統的な素材や職人の技を組み合わせ、上質な空間と魅力的な車内サービスの提供で、お客さまの心に残る時間を提供します。2020年夏には、北海道の観光振興と地域活性化を目的としたプロジェクトとして、札幌から道東エリアを期間限定で走行します。

寝姿山山頂「THE ROYAL HOUSE」・下田ロープウェイ

「THE ROYAL EXPRESS」の発着駅、伊豆急下田駅前にある寝姿山の山頂に、下田湾を一望できるレストラン「THE ROYAL HOUSE」を開業しました。海の幸や季節の野菜を生かした懐かしく親しみのある料理や、生産地や製法などにこだわった飲料などをお楽しみいただけます。ロープウェイのゴンドラも外観を列車のイメージと合わせ、寝姿山の木々の緑に映えるロイヤルブルーに、内装には天然木を使用してリニューアルしました。

THE ROYAL HOUSE
下田ロープウェイ

観光列車運行に合わせた、周辺環境の改修・整備

「THE ROYAL EXPRESS」専用バスの導入

「THE ROYAL EXPRESS」のお客さま専用バスを運行しています。このバスの導入により、観光エリアが西伊豆、中伊豆エリアなどへ広がり、これまで以上に、伊豆半島の魅力的かつ広域な旅を提供しています。

「THE ROYAL EXPRESS」専用バス 外観イメージ
© ドーンデザイン研究所

「THE ROYAL EXPRESS」関連施設の設置

横浜駅にドリンクや軽食を楽しめるカフェと、伊豆下田の名産などを販売するショップ、「クルーズプラン」の専用ラウンジを設置。「THE ROYAL EXPRESS」の雰囲気を味わいながら、旅の始まりを演出しています。

THE ROYAL CAFE YOKOHAMA

観光型MaaS実証実験

スマートフォンで検索・予約・決済し、目的地までシームレスに移動できる2次交通統合型サービス「観光型MaaS」の実証実験を、2019年4月1日から伊豆エリアで開始しました。詳細は「観光型MaaS(Mobility as a Service)の提供」をご覧ください。

観光型MaaS(Mobility as a Service)の提供

東急電鉄と伊豆急行線の関わり

東急電鉄の五島慶太会長は、1953年に伊豆観光開発構想を打ち出し、1956年2月、伊東〜下田間地方鉄道敷設免許を申請しました。地元の方々にとって、鉄道敷設は、明治以来の悲願であり、下田では「伊東・下田鉄道敷設促進下田同盟会」が結成され、鉄道敷設の実現に下田全住民一丸となって邁進しました。その結果、1959年2月、免許申請から3年が経ち、待望の鉄道敷設免許が交付されました。
鉄道敷設の認可を受け、1959年4月、東急電鉄は「伊東下田電気鉄道(株)(伊豆急行の前身)」を設立し、1960年1月に鉄道建設の起工式を挙行しました。
その後、1961年2月、社名を「伊豆急行株式会社」に変更。工事は、31カ所にものぼる隧道工事や困難な用地買収などにもかかわらず、2年を要せず竣工し、1961年12月10日に全線開通しました。