美しい時代へ-東急グループ 東急電鉄

ニュースリリース

2022年7月21日

渋谷の新たなランドマーク“Shibuya Upper West Project”が
2027年度竣工に向け始動
建築デザインにノルウェーの建築デザイン事務所Snøhettaを起用
コンテンポラリーラグジュアリーホテル“The House Collective”の日本初進出が決定

東急株式会社
L Catterton Real Estate
株式会社東急百貨店

東急株式会社、L Catterton Real Estate(以下「LCRE」)、株式会社東急百貨店は、
2023年1月31日の東急百貨店本店の営業終了後、2027年度の竣工を目指して3社共同で推進する
「Shibuya Upper West Project(渋谷アッパー・ウエスト・プロジェクト)」(現・東急百貨店本店、以下「本計画」)の計画概要についてお知らせします。

渋谷に根差した複合施設開発やリテール、ホスピタリティ、カルチャーのノウハウを持つ東急グループと、国際的な複合施設開発やワールドクラスブランドのキュレーションの実績を持つLCREとのパートナーシップにより推進する本計画は、地上36階地下4階の複合施設で、洗練されたライフスタイルを提案するリテール、ワールドクラスのスモールラグジュアリーホテル、ハイクオリティな都市型居住を実現する賃貸レジデンスを有し、隣接するBunkamuraとのアート&カルチャーにおける融合により、渋谷の新しいランドマークを目指します。

本計画は渋谷の賑わい、松濤の静謐な住宅地、独自のカルチャーが息づく奥渋エリアの結節点に位置し、「Tokyo’s Urban Retreat」というキーコンセプトのもと、都会の喧騒の中に安らぎと寛ぎを提供します。
建築デザインには、その土地の持つ背景やランドスケープに合わせたサステナブルでコンセプチュアルな空間づくりを得意とし、国際的に高い評価を得ているノルウェーの建築・デザイン事務所「Snøhetta(スノヘッタ)」を起用することが決定しました。
ホテルは、「Swire Hotels(スワイヤー・ホテルズ)」が展開し、クリエイターやエグゼクティブに幅広いファン層を持つコンテンポラリーラグジュアリーブランド「The House Collective(ザ・ハウス・コレクティブ)」が日本初進出します。
また、東急グループとLCREが掲げる持続可能な開発目標の達成に向けて、環境とサステナビリティに配慮した国際認証などの取得を目指します。
国際的なパートナーを迎え、渋谷の魅力を更に高める施設の創出に向けて動き出します。
             

イメージ

サブメニューです。

  • 統合報告書
  • 安全報告書