美しい時代へ-東急グループ 東急電鉄

ニュースリリース

2022年3月22日

女性活躍推進企業として10年連続「なでしこ銘柄」に選定
~「なでしこ銘柄」 10年連続選定は全業種で1社のみ~

東急株式会社

当社は、本日3月22日(火)、経済産業省が東京証券取引所と共同で、女性活躍推進に優れた企業を選定・発表する「なでしこ銘柄」に、2012年度の銘柄発足以来10年連続で選定されました。10年連続で選定された企業は、全業種で1社のみです。

当社は女性活躍推進を含むダイバーシティマネジメント(=多様性を生かす組織づくり)を重要な経営戦略のひとつと位置づけており、2021年度を始期とする中期経営計画においては「“個”の最大化を支援することにより企業価値の最大化を図る」という人材戦略のもと、制度・風土・マインドの3つの観点から推進しています。   
主な取り組みは以下の通りです。

■制度面
従業員が生産性・効率性を高め、個人の能力を最大限発揮できるよう「スマートチョイス(働く場所や時間を従業員が自律的に選択する取り組み)」を展開しています。本社勤務員を対象に、2020年度には在宅勤務、2021年度にはコアタイム無しのフレックスタイム制を導入しました。その他にも、2021年度は、新たに「1on1ミーティング」の仕組み化や、個人の課題感にあわせた選択型研修プログラムの拡充などを行っています。

■風土面
2015年以降毎年、社長以下全管理職を対象とした「管理職のマネジメントセミナー」を開催しているほか、身の回りのダイバーシティについて楽しく学べる「Dマガジン(社内向けダイバーシティ情報受発信メディア)」の発行など、トップダウン・ボトムアップの両面から各種取り組みを実施し、互いを尊重し受け入れる雰囲気づくりに取り組んでいます。

■マインド面
2014年度以降毎年、連結子会社も対象とした「東急グループ女性管理職フォーラム」を開催し、各界の女性エグゼクティブの講演や、経営トップから直接メッセージを発信することで、ロールモデルの発見や女性管理職のマインドアップにつなげています。そのほか2021年度には、メンター制度のリニューアルや、価値観のちがいに着目したオンラインイベントの新設など、自身のキャリアを見つめ直すきっかけとなるようなさまざまな取り組みを実施しました。

当社は本年9月に創立100周年を迎えますが、今後も、ダイバーシティマネジメントを推進し、“個”の最大化を支援することで、企業価値の最大化を図るとともに、東急線沿線におけるサステナブルなまちづくりに取り組みます。

詳細はPDFの通りです。

サブメニューです。

  • 統合報告書
  • 安全報告書