ページの先頭です。

ページの本文へ

メインメニューへ

サブメニューへ

フッタへ

ページの本文です。

ニュースリリース

2021年5月11日

自由で豊かな東急線沿線での働き方を実現する、新サービス「DENTO」の結果報告
-会員数1万、販売数2万3千枚、コロナ下での新しい移動・就労ニーズの把握と外出・消費機会も創出-

東急株式会社

当社は、より自由で豊かな東急線沿線での働き方を実現する、新たなサービス実験「DENTO」(以下、本実証実験)を、2021年1月13日(水)~4月28日(水)の3カ月半、実施しました。田園都市線在住の都心通勤者を主なターゲットとして、お客さまが状況に応じた最適な移動手段と就労場所を選択できることによるコロナ禍で変容した移動や働き方のニーズ探索と、東急線の通勤定期券をお持ちのお客さまへの限定サービス提供による定期券保有の新たな付加価値創造を目指しました。今般、本実証実験を終了しましたので、結果と今後の展開についてお知らせします。
本実証実験では、LINEのお友だちは18,287名、会員は10,203名登録いただき、チケット総購入数は22,706枚となりました。利用実績に加え、各チケットの購入ごとにお送りする任意のアンケートにご回答いただいた内容から、以下の通り考察します。

①快適な都心通勤を実現する移動サービス:発着エリア・サービス利用時間帯の拡大が課題
田園都市線郊外と都心を結ぶ高速バス「サテライトビズライナー」は、夕方の復路ニーズも確認できた一方で、平均客席稼働率が1割弱にとどまりました。また、都心から横浜市青葉区内の自宅を結ぶ「相乗りハイヤー」は、ご利用者の評価は高かったものの、利用総数は低迷しました。アンケートでは、発着エリアやサービスの利用時間帯の拡大を希望する声が多く、また認知度向上にも課題がありました。これらを参考に、今後のサービス設計を検討していきます。

②自宅周辺で快適に楽しくテレワークできる就労環境の提供:リピート率約50%となりテレワークニーズを確認
田園都市線たまプラーザ駅以西を中心に全8店舗にて展開した結果、田園都市線沿線在住の30~50代男性を中心にご利用いただき、リピートユーザー率は約50%と、郊外でのテレワークニーズを確認できました。カフェや商業施設内に新設したテレワーク拠点の利用では、家族とともに施設を訪れる方も多く、これまでにない新たな働き方や施設の利用方のニーズも確認できました。

③移動目的および体験価値の提供:100円乗り放題チケットによる移動や施設利用促進効果を確認
合計2万枚以上ご購入いただいた定期券保有者限定サービスである100円乗り放題チケット(東急線ワンデーパス、東急バス1日乗車券)は、購入者の48%がチケットの購入により予定外の外出を行い、また45%は東急グループ施設をご利用いただくなど、交通費割引による移動や消費促進効果をアンケートにて確認できました。アクティブクーポンの利用も2,000枚を超え、利用アンケートから、57%の利用者が定期券保有満足度が向上したと回答したほか、100円乗り放題チケットがその向上に最も寄与したことが分かりました。

全体を通し、会員登録数10,203名、リピート率50%の目標は達成し、さまざまなニーズの発掘に繋がったものの、会員登録者の6割がサービスを利用せず、また総販売数の9割以上は100円チケットであったことから、今回提供したサービスへの支持には濃淡が見られる結果となりました。
今後は、本実証実験の結果を踏まえて、ポストコロナを見据えた、郊外地区の「職」「住」「遊」をシームレスにつなぎ、移動をはじめとしたサービス開発を行い、お客さまに利便性・快適性をお届けすることで、激変する環境の中でも「選ばれ続ける東急線沿線」の実現を目指します。今後のサービス詳細については、決まり次第お知らせします。

本実証実験の結果詳細につきましてはPDFをご参照ください。

主要指標実績

サブメニューです。

  • 統合報告書
  • 安全報告書

ページの先頭へ