ページの先頭です。

ページの本文へ

メインメニューへ

サブメニューへ

フッタへ

ページの本文です。

ニュースリリース

2021年1月19日

『東急ベル』×NECの『Tablet PaPeRo(タブレット パペロ)』
“シニア向けタブレット端末を活用した在宅生活支援サービス”を共同開発・実証実験を開始

東急株式会社
日本電気株式会社

東急株式会社(以下、「東急」)と日本電気株式会社(以下、「NEC」)は、両社がこれまで培ってきたノウハウを生かし、シニア向けのタブレット端末を活用した在宅生活支援サービス(以下、「本サービス」)を共同開発し、2021年2月1日から2021年3月末を目途に東急線沿線にお住まいのシニア世代を対象に実証実験を実施します。


昨今、65歳以上の高齢者人口の割合が3割に迫る超高齢社会を迎え、高齢者のひとり暮らしも急増する中、生活に必要な食料品や日用品の購入が難しくなる「買い物困難者」問題の解消など、高齢者の孤立を防止していく必要性が高まっています。本サービスは、NECのシニア向けタブレット端末「Tablet PaPeRo」に、東急が手掛けるホーム・コンビニエンスサービス「東急ベル」の買い物代行や、電球交換や家財の移動などの軽作業、ハウスクリーニングなどの「家ナカ」サービスを簡単な操作で申込みできる機能を搭載し、各種サービスを利用しやすくすることで、シニア世代のみなさまに寄りそった新たな生活支援サービスの提案・提供を目指します。


<提供する機能(一部)>
(サービス提供)
・タブレット端末上でご注文いただいた商品をご自宅までお届けする、買い物代行サービス
・軽作業やハウスクリーニング、家事代行、不用品整理、庭木の手入れなどの「家ナカ」サービスの申し込み
(コミュニケーション機能)
・離れて暮らす家族との伝言の送受信や、「Tablet PaPeRo」との会話

イメージ図

東急は今後も、生活を便利で快適にするサービスを拡充し、より豊かな沿線生活の実現をサポートし沿線地域を活性化させることで「日本一住みたい沿線」を目指します。 

NECは、AIなどの先進技術を活用することで東急線沿線の価値向上に寄与すると共に、安全・安心・公平・効率という社会価値を創造し誰もが人間性を十分に発揮できる持続可能な社会の実現を目指します。


 本サービスの詳細は別紙の通りです。

サブメニューです。

  • 統合報告書
  • 安全報告書

ページの先頭へ