ページの先頭です。

ページの本文へ

メインメニューへ

サブメニューへ

フッタへ

ページの本文です。

ニュースリリース

2015年11月16日

東急グループのイッツコム、富士通グループのニフティ、東急電鉄
IoTを活用したスマートライフ事業に関する新会社を11月25日設立

イッツ・コミュニケーションズ株式会社
ニフティ株式会社
東京急行電鉄株式会社

東急グループのイッツ・コミュニケーションズ株式会社(以下イッツコム)、富士通グループのニフティ株式会社(以下ニフティ)、東京急行電鉄株式会社(以下東急電鉄)は、IoT(注1)を活用したスマートライフ事業(注2)に関する新会社「Connected Design(コネクティッド・デザイン)株式会社」を2015年11月25日(水)に設立します。

新会社は、スマートライフ分野におけるIoTサービス用ハードウェア・ソフトウェアの企画開発を主な事業内容とします。北米大手アイコントロール・ネットワークス(注3)(以下アイコントロール社)のIoTプラットフォームが持つ高い拡張性を活かしたハードウェアの拡充や、家事代行、介護など各種生活サービス関連事業者との連携による個人向けサービスの企画開発、さらには店舗・オフィス・ホテルなどの法人に向けた
サービスの企画開発を行っていきます。また、他のIoTプラットフォームとの連携など、外部企業との連携も強化しながら事業を推進していきます。

東急グループは東急線沿線で豊富なサービスを提供し、新たな生活価値を提案し続けており、イッツコムではアジアで唯一、アイコントロール社のIoTプラットフォームを採用したホームオートメーションサービス「インテリジェントホーム」を提供しています。
富士通グループは“ヒューマンセントリックIoT”をキーワードに、各種センサーや
データ活用基盤を用いたIoTソリューションを提供しています。ニフティでは全国に販売チャネルを有し、長年のインターネットサービスの提供を通じて技術力・開発力および消費者向けサービスの提供ノウハウを培ってきました。
これら各社のノウハウや資産を融合させながら、イッツコム、ニフティ、東急電鉄と新会社は共同でスマートライフ事業を推進していきます。

注1)IoT(Internet of Things)
コンピュータなどの情報・通信機器だけでなく、世の中に存在する様々な物体(モノ)に通信機能を持たせ、インターネットに接続し、相互に通信することにより、自動認識や自動制御、遠隔計測などを行うこと。

注2)スマートライフ事業
IoTの技術を用いながら、安心・安全に加え、便利・役立つ・節約をキーワードに、ホームオートメーションやエネルギーマネジメント、ヘルスケアなど多岐にわたるビジネスへと発展している新事業。

注3)アイコントロール・ネットワークス(Icontrol Networks, Inc.)
プラットフォームのソフトウェアと、デバイスメーカーがそのプラットフォーム上で動作するセンサーや端末を製造する際の認定制度であるオープンホームデベロッパープログラムを提供するスマートホーム・システムの米国最大手システムベンダー。

サブメニューです。

  • 安全報告書

ページの先頭へ