ページの先頭です。

ページの本文へ

メインメニューへ

サブメニューへ

フッタへ

ページの本文です。

ニュースリリース

2015年7月24日

8月23日(日)、『次世代郊外まちづくりフォーラム』を開催

横浜市
東京急行電鉄株式会社

横浜市と東京急行電鉄株式会社(以下「東急電鉄」という。)は、平成24年4月に締結した「次世代郊外まちづくり」の推進に関する協定に基づき、たまプラーザ駅北側地区(横浜市青葉区美しが丘1・2・3丁目)をモデル地区として、産・学・官・民の連携・協働による様々なまちづくり活動に取り組んでいます。

協定締結から4年目を迎えたことから、これまでの取組み成果を多くの方々と共有するとともに、さらなる推進を図るために『次世代郊外まちづくりフォーラム』(以下、「本フォーラム」という。)を開催します。
本フォーラムでは、東京大学高齢社会総合研究機構 秋山弘子特任教授と、横浜市 鈴木伸哉副市長によるトークセッションや、これまで推進してきた各リーディング・プロジェクトの取組み成果や今後の展開について発表を行います。さらに、リーディング・プロジェクトの一つとして進めてきた地域包括ケアシステム「あおばモデル」については、医療と介護の多職種連携を、事例を基にしたロールプレイ「自宅生活応援団!医療と介護のつながり」で分かりやすく紹介します。

「次世代郊外まちづくりフォーラム」の概要

○開催日時  平成27年8月23日(日) 13:00~16:00(受付開始12:00)
 
○会   場  青葉公会堂(東急田園都市線 市が尾駅下車 徒歩10分)
        所在地:横浜市青葉区市ケ尾町31番地4
 
○定   員  500名(入場無料。事前申込不要・先着順)
        ※混雑状況次第では、入場を規制させていただく場合があります
 
○プログラム  ①トークセッション
         東京大学高齢社会総合研究機構 秋山弘子特任教授
         横浜市 鈴木伸哉副市長
 
         モデレーター 東京大学まちづくり研究室 小泉秀樹教授

        ②自宅生活応援団!医療と介護のつながり
  
        ③次世代へつながる、新しい郊外のまちづくり
 
○主   催  横浜市、東京急行電鉄株式会社

サブメニューです。

  • 安全報告書

ページの先頭へ