ページの先頭です。

ページの本文へ

メインメニューへ

サブメニューへ

フッタへ

ページの本文です。

ニュースリリース

2015年7月21日

東横線跡地「渋谷駅南街区プロジェクト」工事本格着手
渋谷に高さ180mの超高層ビルが2018年秋誕生

東京急行電鉄株式会社

当社および東横線隣接街区の権利者は、旧東横線渋谷駅のホームおよび線路跡地とその周辺敷地において、8月より、渋谷駅南街区プロジェクト(以下、当計画)の工事に本格着手します。
当計画は、地上35階建、高さ約180mを有し、高層部には貸床面積約45,000㎡のハイグレードオフィス、中層部には株式会社東急ホテルズ(出店予定者)による約180室のホテル、低層部には飲食店を主とした商業施設、そして、 “エンタテイメントシティSHIBUYA“に相応しい、情報発信機能を備えたホールなどを配置します。育成・創造・交流・発信を加速させる環境を創出することで、クリエイティブワーカーの聖地を目指します。また、国道246号を跨ぐ旧東横線の高架線路を活かした歩行者デッキや、地下2階から地上2階にわたる立体広場空間(アーバンコア)などを整備し、東急線、東京メトロ線、JR線の各線と接続することで、国道246号で分断された渋谷の街を繋ぎ、新しい人の流れを創出します。
これらの取り組みのほか、東京都および渋谷区などとの連携により渋谷川の清流復活水を活用した「壁泉」による潤いのある水辺空間や約600mにわたる緑の遊歩道整備など、代官山方面へと街の賑わいを繋げる緑と水のネットワークを形成します。
今回工事着手する当計画の概要は別紙のとおりです。

サブメニューです。

  • 安全報告書

ページの先頭へ