ページの先頭です。

ページの本文へ

メインメニューへ

サブメニューへ

フッタへ

ページの本文です。

ニュースリリース

2015年3月05日

4K対応のカメラ・プロジェクターを完備した貸しスタジオ・多目的ホール
「iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ」4月24日にオープン

東京急行電鉄株式会社
イッツ・コミュニケーションズ株式会社

東京急行電鉄株式会社(以下、「東急電鉄」)、イッツ・コミュニケーションズ株式会社(以下、「イッツコム」)は、二子玉川東第二地区第一種市街地再開発事業において新たに「二子玉川ライズ」内に、超高精細な映像技術(4K)に対応したカメラやプロジェクター、本格的な放送設備を有した貸しスタジオ・多目的ホール「iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ(イッツコム スタジオ アンド ホール 二子玉川ライズ)」(以下、「本施設」)を、4月24日(金)にオープンします。

二子玉川駅から徒歩約3分の近さ、約440㎡の広さの本施設は、全5台のカメラ、編集システム、副調整室など本格的な放送設備を有し、公開型のイベントの生中継や番組収録に最適な空間を提供します。
また、ファッションショー、音楽ライブ、各種展示会、観光・物産展、新商品発表会、会議・セミナー、パーティー など、多目的ホールとしての機能も持つ本施設には、超高精細な映像技術(4K)対応のプロジェクターを完備し、迫力ある4Kコンテンツの大画面投影はもちろん、本施設で開催するイベント模様を4Kカメラで撮影し、その場で大画面に映し出して楽しむ演出も可能です。
あわせて、本施設の正面外壁に設置する200インチ以上の大型デジタルサイネージで、イベント模様やPR映像を映し出すこともでき、ここから二子玉川ライズ内のデジタルサイネージとの連携もできます。
さらに、本施設の開閉式大開口部(幅8m、高さ4.7m)を開放し、中央広場と一体利用することで、映像を活用した大規模イベントの開催を可能にし、二子玉川ライズ全体の街の賑わいを演出します。

イッツコムでは、総務省「放送サービスの高度化に関する検討会」でとりまとめられた4K/8K放送のロードマップ(※)により、昨年からお客さま窓口にてIPリニア放送による4Kの試験放送を開始しており、今後も4K活用の機運の高まりに合わせた検討や検証、環境整備に取り組んでいきます。

※. 「4K・8K(スーパーハイビジョン)」「スマートテレビ」「ケーブル・プラットフォーム」の具体化に必要な事項についての検討結果
 (2014年6月11日総務省公表 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu12_02000044.html ) 

サブメニューです。

企業情報
  • 安全報告書
  • 環境データ集
  • WE DO ECO

ページの先頭へ