ページの先頭です。

ページの本文へ

メインメニューへ

サブメニューへ

フッタへ

ページの本文です。

ニュースリリース

2015年1月09日

特定都市鉄道整備事業計画期間の終了に伴う運賃の取扱いについて

東京急行電鉄株式会社

当社は、特定都市鉄道整備積立金制度(以下、特々制度)を活用し、「東横線渋谷~横浜間改良工事」を進めてきました。同工事は、東横線と東京メトロ副都心線の相互直通運転などを目的としたもので、2013年3月に東横線渋谷駅を地下化したことにあわせ、直通運転を開始しました。
2005年2月10日に特定都市鉄道整備事業計画の認定を受けた同工事は、鉄道運賃収入の2%を特定都市鉄道整備積立金として積み立て、認定工事費の約2割を積立金から充当することで、工事を集中的に進めてきました。このたび、特々制度上の事業計画期間が終了する2015年2月9日をもって積み立てを終了します。
積立終了後の運賃は、「東横線渋谷~横浜間改良工事」の完成や、前倒しで実施を予定しているホームドア整備など安全・安心のための設備投資によって、減価償却費など費用の増加が見込まれますが、これまでの積立金を取り崩すことや一層の経営努力により、現行の運賃を据え置きます。

特定都市鉄道整備事業計画および積立終了後の運賃については、別紙のとおりです。

サブメニューです。

企業情報
  • 安全報告書
  • 環境データ集
  • WE DO ECO

ページの先頭へ