人へ、街へ、未来へ。 東急電鉄

ニュースリリース

2022年3月28日

日本初、鉄軌道全路線を再生可能エネルギー由来の電力100%にて運行
~日々の東急線利用がカーボンニュートラルの実現につながります!~

東急株式会社
東急電鉄株式会社

東急株式会社(以下、「東急」)、東急電鉄株式会社(以下、「東急電鉄」)は、本日東急が公表した「環境ビジョン 2030~なにげない日々が、未来をうごかす~」に基づき、沿線エリアでの脱炭素・循環型社会実現に向けた象徴的アクションとして、4月1日(金)より東急線全路線での運行にかかる電力を再生可能エネルギー由来の実質CO2排出ゼロの電力に置き換えます。全路線を再生可能エネルギー由来の電力100%にて運行するのは日本初の取り組みです。

世田谷線では、2019年3月より再生可能エネルギー100%電力での運行を開始しており、今回、東横線をはじめとした鉄道7路線で使用する電力に対象を拡大します。鉄道7路線は東京電力エナジーパートナー株式会社、世田谷線は引き続き株式会社東急パワーサプライの再エネ電力メニュー※1により、CO2排出量が実質的にゼロとなります。その結果、年間で約165,000t-CO2を削減できる見込みで一般家庭の年間CO2排出量に換算すると約56,000世帯※2にあたります。
※1 RE100に対応したトラッキング付非化石証書活用によるメニュー
※2 環境省「令和2年度 家庭部門のCO2排出実態統計調査(速報値)」より算出

東急は、環境ビジョン2030において環境と調和するまちづくりを進めていく上で、環境に良い行動を特別な負担感なく選択できる日常を目指すとし、今回の取り組みを脱炭素・循環型社会の実現に向けた重要施策としています。また、同ビジョンでは連結CO2排出量を2030年に46.2%削減(2019年比)、2050年に実質ゼロを目標としており、年間CO2排出量551,059t-CO2の約3割を占める鉄道事業の脱炭素化は、目標達成に向けて大きく前進するものです。

東急電鉄は、中期事業戦略 “3つの変革・4つの価値”に基づき、様々な環境プロジェクトを推進しており、車両更新、駅照明のLED化、設備機器の高効率化などの省エネ施策をさらに進めるとともに、太陽光発電などの自社再エネ発電の検討にも取り組みます。また、交通手段として鉄道を選んで頂けるような利用促進策を検討・実施することで、多くの方に東急線をご利用いただき、脱炭素社会に貢献していきます。

本年9月に創立100周年を迎える東急および東急電鉄は、2019年10月に日本の鉄軌道事業を含む企業グループとしては初めて、再生可能エネルギーに関する国際イニシアティブ「RE100」に加盟、2021年5月に発表した中期3か年経営計画では「脱炭素・循環型社会」を重要テーマに掲げており、次の100年に向けても持続可能なまちづくりを目指し、引き続きCO2の削減に取り組んでいきます。

イメージ

サブメニューです。

  • 統合報告書
  • 安全報告書