美しい時代へ-東急グループ 東急

ニュースリリース

2023年12月20日

東急の機能特化型個室シェア事業「roobby」が鉄道高架下の新たな活用を開始!
目黒線不動前駅周辺の高架下にフィットネス事業「roobby-fit 不動前」が1月17日(水)にテストオープンします

東急株式会社

 東急株式会社(以下、東急)が「『憧れの趣味の部屋』のシェア」をコンセプトに展開している機能特化型個室シェア事業「roobby(ルービー)」と、株式会社LIFULLのグループ会社でインスタントハウスを開発・提供する株式会社LIFULL ArchiTech(以下、LIFULL ArchiTech(ライフル アーキテック))が連携し、目黒線不動前駅周辺の高架下に、フィットネス事業「roobby-fit 不動前」(以下、本店舗)を2024年1月17日(水)にテストオープンします。

 鉄道の高架下は駅に近接した優れた立地条件にもかかわらず、工事を行う際の制約が多く、建築コストが嵩むことなどがハードルとなり未活用の土地も多くあります。さらに高架下が活用されていないことで起こる不法投棄などが、一部の地域において社会課題となっています。本店舗の出店においては、LIFULL ArchiTechが新たに開発した新型インスタントハウス・パージ型の重機を使わず分解・組み立て・移設でき、狭いスペースでも柔軟に設置や移動が可能で、一連作業が約3日間で完了できるという特徴を生かし、長らく未活用であった目黒線不動前駅周辺の高架下に新たな賑わいをもたらします。今回の連携は、高架下の有効活用と環境改善を目指す東急と、キャンプ施設などだけでなく都心部の遊休スペースの新たな活用を提案するLIFULL ArchiTechの意図が一致したことにより、生まれました。

 「roobby」は、部屋(room)+趣味(hobby)を組み合わせた造語であり、趣味の部屋を街全体でシェアするというコンセプトのもと、その日の気分に応じてスマートフォンから事前予約して利用が可能なサービスです。「roobby-fit」においては、運動と個室を組み合わせることで、周囲の視線や混雑状況を気にすることなく自由な使い方をお楽しみいただけます。2023年4月7日に第1号店である「roobby-fit 雪が谷大塚」をオープンし運営しています。第2号店となる本店舗では、インスタントハウスの導入により、「まるで自分の家」のような感覚で、ダンスやトレーニングに没頭できる空間を提供します。

 東急は、時代の変化とともに生じる新しい価値観やライフスタイルに柔軟に対応するサービスを提供することにより、社会課題の解決に取り組んできました。自分だけの趣味の1部屋を持ちたいというニーズに対して本サービスが、世代を問わず、多くの方の憧れの空間を気軽に持てる「サテライトの自分の家」となることを目指し、自分らしい生き方を実現できる街づくりに取り組みます。

 「roobby」や「新型インスタントハウス・パージ型」の詳細については別紙をご参照ください。

イメージ

本件・別紙資料 (666.53 KB)

「roobby」公式ホームページ https://www.roobby-fit.com/(別窓で開く)