美しい時代へ-東急グループ 東急

ニュースリリース

2023年3月14日

憧れの趣味の部屋を気軽に持てる機能特化型個室シェアサービス「roobby」を開始
第一業態としてフィットネスジム事業「roobby-fit」を池上線雪が谷大塚駅上にテストオープンします

東急株式会社

当社は、「社内起業家育成制度」第8号案件として、機能特化型個室シェアサービス「roobby」(読み方:ルービー) (以下、本サービス)を開始します。roobbyとは、部屋(room)+趣味(hobby)を組み合わせた造語であり、当社が用意した趣味の空間を、スマートフォンなどから気軽に予約し、誰にも邪魔されずに好きなだけ利用できるサービスです。今般、本サービスにおける第一業態として、フィットネスジムに特化した「roobby-fit 雪が谷大塚」(以下、本店舗)を4月7日(金)、池上線雪が谷大塚駅上にテストオープンします。

昨今、テレワークの浸透やライフスタイルの変化により、自宅で過ごす時間が増加しており、自宅を好みの空間にしたいというニーズが高まっています。その一方で、部屋の広さ、構造、費用の観点から、自宅に憧れの趣味空間を用意できる方は限られており、自宅以外に趣味の空間を持ちたいと思う方が増えています。特に近年、世代を問わず健康意識が高まっていることから、本サービスの第一業態として、フィットネスジムに特化した「roobby-fit」をテストオープンすることとしました。

本店舗は、コンセプトの異なる7部屋の中から自分に合った1部屋をスマートフォンから事前予約して利用できるため、周囲の視線や混雑状況を気にすることなく利用することができます。また、フィットネスジム事業で一般的な月額固定料金制ではなく、都度利用が可能な従量課金制を採用することで、「利用回数と月額料金が割に合わない」といった悩みを持つことなく好きなタイミングでの利用が可能です。さらに、運動と個室を組み合わせることで、大画面TVで好きなアーティストのLIVE映像を視聴しながらランニングなどの、「運動施設」に留まらない「自分の居場所」としての自由な使い方が可能になります。

今後は、より多くの人が自分好みの使い方が可能な1部屋を持つことができるよう、東急線沿線を中心に「roobby-fit」店舗の拡充を進めるとともに、第一業態での実績を踏まえ、多様化する人々のニーズに対応する別業態の展開も検討していきます。
当社は、時代の変化とともに生じる新しい価値観やライフスタイルに柔軟に対応するサービスを提供することにより、社会課題の解決に取り組んできました。自分だけの趣味の1部屋を持ちたいというニーズに対して本サービスが、世代を問わず、多くの方の憧れの空間を気軽に持てる「サテライトの自分の家」となることを目指し、自分らしい生き方を実現できる街づくりに取り組みます。

【roobby-fit 雪が谷大塚イメージイラスト】

20230314img-1.jpg

公式ホームページ  https://www.roobby-fit.com/ (別窓で開く)
※予約は4月3日からなります。



本件・別紙資料 (573.82 KB)