美しい時代へ-東急グループ 東急

ニュースリリース

2023年1月06日

アーティストの活動を応援&サポートする、
プラットフォーム「Art Valley」をスタート!
~リアル接点に加え、デジタル領域においてもアートを提供することで、生活の身近にアートがあるコミュニティの形成に貢献~

東急株式会社

当社は、「社内起業家育成制度」第7号案件として、アートプラットフォーム事業「Art Valley」(以下、本サービス)の実証実験を2023年1月6日から開始します。

昨今、アートイベントなどの増加によりアートを観て楽しむ機会は増えていますが、ご自宅にアートを飾るなど生活の身近に置いて楽しむには、購入機会や作品背景情報が少ないといったハードルがあります。さらに、アーティストにとっても、知ってもらう機会や創作活動を応援してもらう場がまだ少ないといったことがアート普及の課題となっています。

本サービスは、リアルスペースとオンライン両方の場を通じて、アート作品だけでなくアーティストのパーソナリティを知る機会をつくり、創作活動を応援&サポートし、購入までできるプラットフォームサービスです。

【本サービスの提供内容】
(1)アート作品の販売・管理
〇ECサイト(https://artvalley-tokyu.jp/)によるアート作品の販売に関する企画・運営 
〇ブロックチェーン技術によるNFTと紐づいたICタグによるアート作品情報管理
 (スタートバーン社が発行するSRR(同社が提供する証明サービスによるNFT)をアート作品に付与)

(2)コミュニケーション
〇SNSを活用し、リアルスペースとオンラインの場をつないだアート作品の体験・購入機会
〇アート作品の背景、アーティストの想い・パーソナリティを発信することで身近に感じていただく場の提供

(3)アーティスト、アート作品のストーリーを伝えるPR
〇TOQビジョン(車内液晶モニター広告)、SALUS(東急線沿線情報誌)などの東急グループメディア媒体を活用したアーティストやアート作品のPR
 
本サービスを通じて、お客さまはアート作品に触れアーティストをより深く理解することで、気軽に購入する体験ができます。また、アーティストは、創作活動につながるお客さまの声を直接聞く機会や、コミュニティを作るきっかけを持つことができます。SNSにて、アーティストの作品の背景・想いなどを発信することでお客さまとアーティストをつなぎ、より身近に感じていただく「場」を提供することで、アートを通じたコミュニティ形成に貢献します。

街と連携したプロジェクトの第1弾として、2023年1月23日~4月22日(※)の期間限定で、東急線渋谷駅ヒカリエ改札口周辺吹き抜けガラス面にアート作品とQRコードを掲出します。QRコードを読み込むと、ECサイトに遷移し、本サービス限定のフィジカル(物理的)・デジタル両方のアート作品を購入することができます。日常生活の動線である駅などからオンラインにつなぎ、掲載作品がその場で購入できるなど他サイトでは経験できない、購入体験ができます。
※入れ替えによる無掲載期間あり

本サービスを通じ、当社グループが持つ資産とアーティスト、アート作品をつなぎ、身近に文化・芸術が手の届く環境をつくるなど、アートマーケットの裾野の拡大、さらにはアートコレクター層の拡大に寄与します。当社は、渋谷を中心としたリアルなアート接点に加えて、新たにデジタル領域においても文化・芸術活動の振興に貢献していくことでアート活動を広げ、世界へ羽ばたくアーティストの輩出を目指します。

20230106img-1.jpg

・ECサイト  https://artvalley-tokyu.jp/ (別窓で開く)

・Instagram  https://www.instagram.com/artvalley_tokyu/ (別窓で開く)

※2月13日更新:アート掲載期間について変更があり修正をしております。