人へ、街へ、未来へ。 東急電鉄

ニュースリリース

2022年10月28日

鉄道業界初!こどもの国線で歩行補助ロボットを活用した実証実験を11月より開始!
~ユニバーサルなサービスの拡充により、誰もが等しく利用しやすい鉄道を目指します~

東急電鉄株式会社

当社は、ユニバーサルなサービスの拡充を通じた、あらゆるお客さまが容易に快適に利用できる鉄道サービスを目指し、歩行補助ロボットの開発を行っているAssistMotion株式会社と連携し、歩行補助ロボット「curara®(クララ)」を活用した実証実験(以下、本実証実験)を11月21日より実施します。なお、駅施設及び電車内で歩行補助ロボットを使用した実証実験は、鉄道業界では初めての取り組みです。

当社は、バリアフリーの強化に向けて、バリアフリールートの整備、駅係員用バリアフリー連絡アプリの開発・運用、駅係員と乗務員のサービス介助士100%取得による接客技術向上などに取り組むほか、「ご自身による自由な移動」をサポートする取り組みとして、ホームと車両の段差隙間の解消、ホームページや東急線アプリへのバリアフリー関連情報の開示などを進めてきました。今後は、近年の少子高齢化により、高齢者をはじめとした歩行に負担があるお客さまの増加や鉄道事業者側の乗車補助を行う人材の不足が進むことが想定され、当社はテクノロジーを活用したバリアフリーをより一層推進していく必要性を認識しています。

本実証実験の実施期間は、11月21日~11月28日(10:00~16:00)とし、参加者には歩行補助ロボット 「curara®」を着用した状態でこどもの国線「長津田」駅~「こどもの国」駅間の移動、及び「こどもの国」での散策を体験していただき、コンコースや階段の歩行、電車の乗降、車内座席への着座や起立の動作などを検証します。検証にあたっては、参加者へのアンケート、歩行補助ロボット「curara®」に蓄積された移動データを活用します。
本実証実験への参加は、本日10月28日から応募フォームによる事前募集を行い、最大50名程度が参加可能です。
 
当社は、本実証実験を通じて、歩行補助ロボット「curara®」実用化に貢献するとともに、今後も、テクノロジーを活用してユニバーサルなサービスの拡充に取り組むさまざまな事業者と連携することで、鉄道施設のバリアフリー環境整備を推進していきます。 

20221028img-1.jpg

2b3039d59db670d95bd4d066896ddf2d105d703a.jpg

本件・別紙資料 (401.42 KB)