美しい時代へ-東急グループ 東急

ニュースリリース

2023年3月28日

国内最大級*のホテル×エンタメ施設からなる「東急歌舞伎町タワー」
4月6日(木)から「KABUKICHO BLUE FESTIVAL」を開催
開業に向けたキービジュアルが決定し、各種プロモーション展開開始
―4月15日(土)・16日(日)には屋外ステージを活用した歌舞伎町との連携イベントの実施も決定―

東急株式会社
株式会社東急レクリエーション

東急株式会社および株式会社東急レクリエーションが新宿歌舞伎町で開発を進めている「東急歌舞伎町タワー(以下、「本施設」)」は、ホテルおよび映画館・劇場・ライブホールなどのエンターテインメント施設などからなる、地上48階・地下5階・塔屋1階、高さ約225mの超高層複合施設で、4月14日(金)の開業時間が11時に決定しました。
今般、本施設開業に向け、4月6日(木)から歌舞伎町一体となった施策である「KABUKICHO BLUE FESTIVAL(以下、本施策)」を開催します。本施策の概要は、以下の通りです。

■KABUKICHO BLUE FESTIVAL(2023年4月6日(木)~2023年4月27日(木))
2023年2月24日(金)から実施中の「KABUKICHO BLUE PROJECT」におけるデジタル施策「#好きがつないでくれた キャンペーン」で集まった「好き」により青く染まった歌舞伎町が、実際にリアルの場でも青く染まることで、来街者に歌舞伎町の回遊を楽しんでいただける、歌舞伎町と一体となった施策を展開します。
特に、4月15日(土)~16日(日)は「KABUKICHO SPECIAL STAGE」として、本施設東側に設置する屋外ステージ「KABUKICHO TOWER STAGE」や隣接するシネシティ広場を活用し、映画イベントや音楽イベントなど、歌舞伎町に関連するさまざまなコンテンツを楽しめるイベントを実施します。

20230328img-1-1.jpg

■開業に向けたキービジュアルの展開「DIVE IN さあ、好きを極めよう。」
本施設開業に向けたキービジュアルが決定しました。キャッチコピーを「DIVE IN さあ、好きを極めよう。」とし、本施設におけるホテルおよび映画館、劇場、ライブホールのキービジュアルについても合わせて制作しました。本施設が、モチーフである「噴水」のように、水しぶきと共に勢いよく天に伸びる姿だけでなく、本施設のコンセプトである“好きを極める”を、その世界観に没入し堪能する様子「DIVE IN」と表現し、本施設内各用途のキービジュアルにおいても、主人公が水の中で浮遊しながら、各世界観に浸り、楽しむ様子を表現しています。

20230328img-1-2.jpg

今後も、本施策に留まらず、本施設や歌舞伎町をリアルとオンラインを通じて楽しめる施策を地域団体などと連携しながら具現化し、世界へ向けた新たな都市観光の拠点として「エンターテイメントシティ歌舞伎町」の実現を目指します。

詳細は、PDFの通りです。

※ オフィシャルサイト https://tokyu-kabukicho-tower.jp (別窓で開く)にも掲載しています。




高さ200m 以上で、ホテルとエンタメ施設(映画館、劇場、ライブホールなど)を含む複合施設における日本国内主要観光都市調査 調査期間:2022 年3 月(㈱未来トレンド研究機構 調べ)