フューチャー・デザイン・ラボ

フューチャー・デザイン・ラボは、「東急、次の100年を創る。」をミッションに、社会やお客さまの生活を変えるイノベーションに取り組んでいます。
当社100年の歴史を振り返ると、それはイノベーションの連続です。「城西南地区開発趣意書」に代表される街づくりや、「環太平洋構想」を掲げた海外進出、「3C戦略※」に代表される文化・生活など、常に世の中に新たな価値を提供し続けてきました。
フューチャー・デザイン・ラボはこのDNAを次の100年にもつなげるべく、あらゆる取り組みを通して未来価値の創造に挑戦しています。

※カード、ケーブルテレビ、カルチャー

詳細はこちらでご覧ください。

会社案内(e-BOOK)

事業内容のご紹介

社内起業家育成制度

事業を創造する意欲・能力を有する社員を支援し、新規事業創出を通じてチャレンジする企業風土を醸成することを目的に、2015年4月に創設されました。この制度では部署や年齢・役職に関わらず新規事業を提案でき、発案者自らがプロジェクトリーダーとして携わることができます。従業員のフロンティア・スピリットを喚起し、東急グループの活性化と持続的成長を推進するとともに、新たな顧客価値を創造していきます。

東急アクセラレートプログラム

スタートアップの支援を通じて産業の新陳代謝を促進し、日本経済の再興を図ることを目的に2015年度より開始しました。
東急グループのリソースを用いて、スタートアップが持つサービス・プロダクトの仮説検証を行うことで、東急線沿線の生活利便性を高める新たな価値を創出するだけではなく、渋谷を中心としたスタートアップの持続的な成長を支える「イノベーションエコシステム」を構築することを目的としています。

東急2050プロジェクト

時代が平成から令和に変わった2019年、30年後の未来を考える東急2050プロジェクトを開始しました。このプロジェクトでは、2050ビジョン「世界が憧れる街づくり」に向かって、経営・ミドル・現場を含む全社員が一丸となって考え続けること、挑戦し続けることを目指しています。具体的には、ビジョン策定ワークショップ、ラボ会員制度(社内副業的制度)、事業構想コンテスト、東急フューチャーサミット、イノベーションコミュニティメディア運営などを通じて、未来に向けた組織変革を推進しています。

※各事業の詳細は(e-BOOK)にてご紹介をしております。こちらからお参照ください。

会社案内(e-BOOK)

主な関連サイト

社内起業家育成制度

東急アクセラレートプログラム