TOKYU CORPORATION 2016-2017
75/88

2004年(平成16年)2005年(平成17年)2006年(平成18年)2007年(平成19年)2008年(平成20年)2009年(平成21年)東横線横浜~桜木町間の営業を終了みなとみらい線開業、東横線との相互直通運転を開始、東横線全線をATC化東急観光(現:東武トップツアー)株式の約85%をアクティブ·インベストメント·パートナーズに譲渡障害者の雇用促進を目的とした会社「東急ウィル」を設立株式交換により伊豆急行を完全子会社化東急セキュリティが本格営業を開始「東横線渋谷~横浜間改良工事」が特定都市鉄道整備事業計画として認定二子玉川東地区再開発組合の設立が認可執行役員制度を導入株式交換により東急百貨店を完全子会社化東急ホテルマネジメントが東急ホテルチェーン(2007年9月に当社が吸収合併)のホテル営業部門を継承し、商号を東急ホテルズに変更田園都市線に女性専用車両を導入上條 清文社長が会長、越村 敏昭専務が社長に就任東横線に女性専用車両を導入たまプラーザ駅周辺開発計画に着工リテール事業リファイン·プランを策定東急グループ各社の共通ポイントサービスを提供する、東急ポイントカード「TOP&」のサービスを開始東急商業開発と東急マーチャンダイジング アンド マネージメントが合併(新社名:東急モールズデベロップメント)鉄道事業本部内に安全専門部署「安全推進委員会」を設置相模鉄道とともに提出した「相鉄·東急直通線」の営業構想を国土交通大臣が認定目黒線不動前~洗足駅間を地下化東横線武蔵小杉~日吉間を高架化目黒線に「急行」を新設キャピトル東急ホテルが営業終了たまプラーザ駅周辺開発計画第1弾となる商業施設「たまプラーザ テラス サウスプラザ」が開業首都圏の公民営鉄道·バス共通ICカード乗車券「PASMO」のサービスを開始鉄軌道全線に早期地震警報システムを導入田園都市線で準急運転を開始相模鉄道、鉄道·運輸機構とともに提出した「相鉄·東急直通線」の速達性向上計画を国土交通省が認定パン パシフィック ホテルズ アンド リゾーツの全株式をシンガポールの「UOL」グループに譲渡たまプラーザ駅周辺開発計画第2弾となる商業施設「たまプラーザ テラス ゲートプラザ(1期)」をオープン東急病院が大岡山駅上に移転開業「渋谷文化街区共同開発事業」都市再生特別地区の都市計画が決定キャピトル東急ホテル跡地の高層複合ビル「永田町二丁目計画」に着工「東京急行電鉄中期3か年経営計画」を発表大井町線に「急行」を新設し、急行列車用として新型車両6000系を導入駅型ショッピングセンター「レミィ五反田」が開業東京メトロ副都心線が開業し渋谷駅の運営·管理を受託目黒線が日吉駅まで延伸株式交換により東急ストアを完全子会社化(株)キッズベースキャンプの全株式を取得、学童保育事業「キッズベースキャンプ」の営業を開始賃貸住宅事業に参入(ブランド名 : スタイリオ)東急文化会館跡地周辺地区の共同開発事業「渋谷新文化街区プロジェクト」に着工大井町線が溝の口駅まで延伸「東急電鉄住まいと暮らしのコンシェルジュ」を武蔵小杉駅にオープン地方バス事業、タクシー事業等を経営する連結子会社を、ジェイ·ウィル·パートナーズが運営管理する合同会社に株式譲渡「たまプラーザ テラス ゲートプラザ(2期)」が開業1.302.13.314.110.112.12.103.44.14.14.15.96.297.2511.92.174.14.16.16.237.29.249.2511.301.193.184.14.54.117.410.211.33.73.113.273.284.236.146.227.112.102.97.87.119.2810.110.22東急セキュリティ本格営業開始(2004年)キッズベースキャンプ営業開始(2008年)東急電鉄住まいと暮らしのコンシェルジュオープン(2009年)たまプラーザ テラス ゲートプラザ(2期)開業(2009年)73

元のページ 

page 75

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です