TOKYU CORPORATION 2016-2017
52/88

東急グループ CSRへの取り組みTokyu Group & Corporate Social Responsibilityグループスローガン東急グループ 「東急」ブランドの価値最大化を図るため、当社は2000年4月に策定した「東急グループ経営方針」において、実行施策のひとつである「グループマネジメントの整備」 の中にブランドマネジメントを位置付けました。そして2003年4月から本格的にブランドマネジメントを導入しています。「東急」ブランドがお客さまに約束することは、つねに新しい視点で生活品質を提案し、こだわりを持ったお客さま一人ひとりの生活価値を高めることです。お客さまの期待に応え、より質の高いサービスを提供し、魅力ある企業グループになるために、グループの従業員全員が「東急」ブランドを守り育てるという共通の理解と使命を持って行動していきます。ブランドマネジメント我々は、グループを共につくり支える志を持ち、この理念を共有する。グループ理念美しい生活環境を創造し、調和ある社会と、一人ひとりの幸せを追求する。自立と共創により、総合力を高め、信頼され愛されるブランドを確立する。• 市場の期待に応え、新たな期待を創造する。• 自然環境との融和をめざした経営を行う。• 世界を視野に入れ、経営を革新する。• 個性を尊重し、人を活かす。もって、企業の社会的責任を全うする。自己の責任を果たし、互いに高めあい、グローバルな意識で自らを革新する。存在理念経営理念行動理念50

元のページ 

page 52

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です