TOKYU CORPORATION 2016-2017
42/88

東急パワーサプライは、「東急でんき」の通称で2016年4月から電力サービスを開始しました。当社はこれまで、お客さまの安心·快適な暮らしのために、交通、都市開発および生活サービス事業などを展開してきました。今後、電力サービスを新たな生活インフラ事業と位置付け、より快適でお得な暮らしのサポートを進めていきます。※詳細はp12をご覧ください。イッツ·コミュニケーションズは、多チャンネル放送、インターネット、電話サービスなど地域の情報インフラを提供しています。2015年2月からは、スマートフォンからの自宅の電化製品の遠隔操作、カメラやセンサーによるお子さまやペットの見守り、電子錠の施錠·解錠ができるスマートホームサービス「インテリ電力小売事業 東急パワーサプライ暮らしに役立つ情報·ネットワークの提供イッツ·コミュニケーションズ東急グループをより身近に感じていただくために、各社の事業に触れていただく体験型のイベントを開催しています。「とうきゅうキッズプログラム」小学生のお子さまに向けた、親子で一緒に職業体験や施設見学、ものづくりなどのプログラムにチャレンジしていただけるイベントです。10回目となる2016年は、駅係員体験やケーキづくり体験、茶道体験など、バラエティに富んだ27のプログラムをご用意しました。「東急オトナプログラム」 知的好奇心にあふれる大人に向けた、東急グループ各社がコラボレートしたイベントで、2016年が初開催です。香りを学ぶ和の体験やアンチエイジングなど、各社の特長を掛け合わせた、東急グループならではの8つのコースをご用意しました。イベントのテーマは、「年齢を重ねるにつれて、すぐれて立派になっていく」という意味を持つ古語「ねびまさる」としました。東急グループの事業に触れていただくイベントの開催ジェントホーム」の提供を開始しました。また、行政と連携し、緊急度が高い防災情報を、テレビが消えていても自動的に立ち上げてお知らせするサービス「テレビ·プッシュ」の提供も行っています。東急セキュリティは、東急線各駅や東急グループ各施設、沿線の住居に、常駐警備や機械警備を提供しています。2015年4月からは、カメラが自動で侵入を検知する「オンライン画像監視サービス」を開始し、東急線沿線に安全と安心を提供しています。お子さまが駅自動改札機にPASMOをタッチした際に、保護者にメールを配信する「エキッズ」は、2015年3月に、東急バスにもサービスを拡大しました。これは、日本初のサービスとして評価され、2015年8月に「第9回 キッズデザイン賞 奨励賞 キッズデザイン協議会会長賞」を受賞しました。暮らしの安全を守る 東急セキュリティエキッズ「家ナカ」サービス40

元のページ 

page 42

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です