安全対策への取り組み

安全の確保は鉄道事業の最大かつ最重要の責務である

当社では、安全管理の体制や方法を定めた「安全管理規程」を基に、経営トップから現場第一線の従業員まで一体となった安全管理体制を構築しています。
事故の再発防止、未然防止に注力し、必要な施策を確実に実施しています。従業員一人ひとりが多面的な想像力を働かせることでリスクの先取りや解消に取り組み、今後もお客さまに安心してご利用いただけるよう全力で安全を追求してまいります。


輸送の安全確保


国民保護法に基づき、国民保護業務計画を策定しました。

東京急行電鉄 国民保護業務計画【2006年3月】(79.5KB)

国土交通省のガイドラインに基づき、被害者等支援計画を策定しました。

東京急行電鉄 被害者等支援計画【2014年4月】(190KB)

新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき、指定公共機関として新型インフルエンザ等対策業務計画を策定しました。

東京急行電鉄 新型インフルエンザ等対策業務計画【2014年6月】(150KB)