輸送の安全確保―ホームの安全対策

①②防犯ボタン・インターホン

駅係員、警備員のお手伝いが必要となった際に通報いただける、防犯ボタンやインターホンをホーム上やトイレに設置しています。(列車は止まりません。)駅構内で不審物や不審者を発見したときや、トラブル発生時、また具合が悪そうなお客さまを見かけた際などにご利用ください。

駅係員よびだしインターホン案内看板
インターホン
防犯ボタン

③④非常停止ボタン

事故を防ぐため東急線81駅のホームに「非常停止ボタン」を設置しています(世田谷線および全駅にホームドアが設置されている目黒線を除く)。
もしも線路に人が転落したら、非常停止ボタンを押して通報してください。
ボタン操作で付近の列車は緊急通報を受信し、運転士のブレーキ操作により緊急停止します。ただし、ボタンを押してもお客さまは絶対に線路に降りないでください。

非常停止ボタン案内看板
非常停止ボタン

⑤点状ブロック

内方線付き点状ブロック

目の不自由なお客さまに安全にご利用いただけるよう、ホーム上にホームの端を示す点状ブロックを設置しています。このうち、ホームドアのついていない駅には、どちらがホームの内側か分かるよう点状ブロックの内側に線状の突起(内方線)がある、内方線付き点状ブロック(ホーム縁端警告ブロック)を設置しています。

⑥ホーム先端部塗装

ホーム先端部塗装

ホームの先端部をオレンジ色に塗装し、線路転落や、列車とホームとの隙間への転落を防ぐため、お客さまへの注意喚起を行っています。ホームへの足元注意ステッカーの表示も行っています。

⑦ホーム安全柵

ホーム安全柵

ホームドアが整備されるまでの間、早期に実現可能な転落抑止策として、東横線、田園都市線、大井町線にホーム安全柵を設置しています。

⑧転落防止ゴム

転落防止ゴム

お客さまが足を踏み外して列車とホームとの隙間に転落しないように、ホームの側面に隙間を狭めるための転落防止ゴム(くし型状のゴム)の設置を順次進めています。

⑨転落報知機

転落報知機

ホームの下に転落報知機を設置しています。万が一お客さまがホームから転落した際などには、センサーが作動して駅係員や乗務員に転落を知らせます。

⑩ホームドア

田園都市線市が尾駅のホームドア

お客さまのホームからの転落事故や列車との接触を防止するため、ホームドアの設置を進めています。
ワンマン運転を行っている目黒線では、全駅に設置済みです。2019年度までに、東横線・田園都市線・大井町線全64駅にホームドアを設置する予定です。
また、池上線、東急多摩川線の全駅には、センサー付固定式ホーム柵を設置しています。

青色照明の導入

青色照明

人身事故の防止策として、精神を安定させる効果があるといわれている青色照明を、一部の駅と踏切で導入しています。また、人身事故が何度か発生している駅では、照明を増設し明るくするなどの取り組みを実施しています。

スレッドライン

スレッドライン

大井町線の急行列車が通過する駅では、急行が通過する際にお客さまが列車に接触しないよう、ホームの床面の一部を点滅させ、注意喚起を行っています。

ホームドアで、もっと安全に

2019年度までに64駅!ホームドア設置計画 進行中

より安全で安心なホームを目指して、従来のホームドア設置計画を大幅に前倒しし、2019年度を目標に東横線・田園都市線・大井町線全64駅にホームドアを設置します。
2017年度は東横線自由が丘駅・綱島駅、妙寺駅、田園都市線三軒茶屋駅・二子玉川駅・溝の口駅・市が尾駅、大井町線荏原町駅の他5駅の計13駅で、ホームドアの供用を開始いたしました。2018年度は田園都市線渋谷駅・桜新町駅・たまプラーザ駅・長津田駅の他8駅の計12駅で、ホームドアの供用を開始する予定です。

最新の進捗状況

ぞくぞくと、ホームドア。

安全にご利用いただくための、お客さまへのお願い

お客さまに、より安全にホームドアをご利用いただくために、お客さまへのお願いや注意喚起を、さまざまな形で行っています。
ホームドアから身を乗り出したり、ホームドアに物を立て掛けたりすることによる事故などを防止するため、注意事項をステッカーにして貼付し、お願いと呼びかけを行っています。

ホームドアの注意事項ステッカー
池上線3Dセンサー

センサー付固定式ホーム柵は、お客さまと列車の接触を防ぐために池上線・東急多摩川線の全駅に設置しています。発車の際、扉が閉まった列車にお身体や手荷物などが近づくとセンサーが反応して、危険を知らせるアナウンスが流れます。列車が発車した直後にお客さまが近付くと、列車は緊急停車します。