鉄道ネットワークの拡充

東横線と東京メトロ副都心線との相互直通運転

東横線渋谷駅

2013年3月からの相互直通運転により、みなとみらい線元町・中華街から横浜、渋谷を経由して、東京メトロ副都心線、東武東上線、西武有楽町線・池袋線までがひとつの路線として結ばれ、所要時分が短縮するなどさらに便利にご利用いただけるようになりました。
東横線内では、ラッシュピーク時間帯は、上り(横浜~渋谷間)の所要時分が約2分短縮、さらに沿線内から新宿・池袋方面へ乗り換えることなくつながることで都心へのアクセスが大幅に向上しました。

相鉄・東急直通線

日吉駅~JR東海道貨物線の横浜羽沢駅付近の間に約10kmの連絡線(相鉄・東急直通線)を新設する計画が進んでいます。この連絡線は鉄道建設・運輸施設整備支援機構(以下、鉄道・運輸機構)が施設を整備・保有し、相模鉄道と当社が使用して営業します。上記連絡線に加え、鉄道・運輸機構と相模鉄道が別途整備を進めている連絡線(相鉄・JR直通線)の一部を活用することにより、相鉄線と東急線との相互直通運転を行います。この連絡線の整備により、神奈川県央部や横浜市西部と東京都心部が直結され、首都圏の広域的な鉄道ネットワークが形成されるとともに、東急線から新幹線(新横浜駅)へのアクセスも向上します。また、鉄道ネットワークの充実により、地域間の連携と活性化も図られ、各地域のさらなる発展に寄与します。
開業は2022年度下期の予定で、朝ラッシュ時の運転本数は1時間あたり10~14本程度を予定しています。これにより、区間内では、朝ラッシュ時の所要時分が短縮され、乗換回数が減少するなど、より快適に目的地に行くことが可能となります。

相鉄・東急直通線