安全運行へのお願い

ベビーカー、車いすなどをご利用のお客さまへ

車いす、ベビーカーなどを利用されるお客さまへお願いです。駅構内で止まるときは、必ずブレーキ・ストッパーをおかけください。また、駅ホームでお待ちいただく際は、線路に対して平行になるようお止めください。すべてのお客さまに安心して駅を利用していただくために、ご協力をお願いします。

アルミ風船を駅構内に持ち込む際のご注意

浮遊したアルミ風船が鉄道の電線などの設備に接触すると、列車が運行できなくなるなどの影響があります。駅構内にアルミ風船を持ち込む際には、絶対に離さないようお願いします。もし、駅構内で手を離してしまった場合は、すぐに駅係員にお知らせください。

安全運行にご協力をお願いします

お客さまへ、安全運行へのご協力のお願いです。発車間際の駆け込み乗車は、ドアに挟まれたり、転倒したりするなど、思わぬけがにつながります。また、列車遅延の原因にもなり、大勢のお客さまのご迷惑ともなります。発車のベル・サイン音が鳴り終わりましたら次の列車をお待ちください。安全運行と定時運行にご協力くださいますよう、お願い申し上げます。

「非常停止ボタン」と「防犯ボタン」

東急線の駅(一部を除く)には、非常停止ボタンと防犯ボタンを設置しています。

*危ない!列車を止めるときは…非常停止ボタン


非常停止ボタン

お客さまがホームから線路に転落した場合などにボタンを押すと、付近の列車が緊急通報を受信、運転士のブレーキ操作により緊急停止して、事故を未然に防ぎます。

*係員を呼びたいときは…インターホン


インターホン

不審物を発見したときや、お体の具合が悪いときなど、お困りごとがありましたら「インターホン」で駅係員にお知らせください。係員が対応し、必要に応じて駆けつけます。(列車は止まりません)

踏切の無理な横断は大変危険です


踏切を強行突破するトラック

踏切の無理な横断は、思わぬ事故の原因になります。また、事故防止のため安全装置が働いて、接近してくる列車に停止信号が送られることによりダイヤが乱れ、列車を利用される多くの方々にご迷惑がかかります。東急線では2009年度、一年間に50件(こどもの国線3件含む)も遮断かんが折られる事象が発生しました。警報機が鳴ったら無理な横断をしないようにお願いします。

東急線の線路際で工事をされる方へ

線路の近くで行う住宅や施設などの工事を近接工事といいます。近接工事では、作業上のちょっとした「ミス」や「不注意」によって、大惨事を招く危険があります。
線路際で工事される際、皆さまの安全と列車の安全運行を確保するために守っていただく基本的事項をお知らせしますので、ご理解とご協力をお願いします。

Get Adobe® Reader®

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。