東急多摩川線

東急多摩川線は、2000年8月6日に、目蒲線が目黒~多摩川~武蔵小杉間と、多摩川~蒲田間の2つの路線に分かれ、多摩川~蒲田間が東急多摩川線になりました。列車種別は各駅停車のみで、編成は18m車3両です。

目蒲線メモ

1923年11月に全通した目蒲線は、当社の「発祥路線」で、現在の田園調布や洗足などの住宅地開発にあたり、都心との交通を確保するために建設されました。
2000年8月の運行系統の変更により、目黒~武蔵小杉間と多摩川~蒲田間の2つの路線に分かれ、それぞれ目黒線、東急多摩川線と名称を変更しました。

目蒲線の経緯

開通年月日
1923年3月11日 目黒~丸子(現:沼部)
1923年11月1日 丸子~蒲田
2000年8月6日 運行系統変更
目黒~多摩川~武蔵小杉(目黒線)
多摩川~蒲田(東急多摩川線)

東急多摩川線で活躍している車両

  1. 多摩川

    開通時 多摩川、1926.1.1 丸子多摩川、1931.1.1多摩川園前、1977.12.16 多摩川園 2000.8.6 現在

    0.9km

  2. 沼部

    開通時 丸子、1924.6.1 武蔵丸子、1926.1.1 現在

    1.1km

  3. 鵜の木

    1924.2.29 新設 鵜ノ木、1966.1.20 現在

    0.6km

  4. 下丸子

    1924.5.2 新設

    0.8km

  5. 武蔵新田

    開通時「新田」、1924.6 新設

    0.9km

  6. 矢口渡

    開通時 矢口、1930.5.21 現在

    1.3km

    (本門寺道)1925.10.12 新設、1936.1.1「道塚」、1946.5.31 廃止

  7. 蒲田