安全対策

安全の確保は鉄道事業の最大かつ最重要の責務である

当社では、安全管理の体制や方法を定めた「安全管理規程」を基に、経営トップから現場第一線の従業員まで一体となった安全管理体制を構築しています。
事故の再発防止、未然防止に注力し、必要な施策を確実に実施しています。従業員一人ひとりが多面的な想像力を働かせることでリスクの先取りや解消に取り組み、今後もお客さまに安心してご利用いただけるよう全力で安全を追求してまいります。

安全方針・安全行動規範・安全重点施策

「安全方針」および「安全重点施策」を基に、確実に安全の維持・向上を図ってまいります。

安全管理体制

各管理者の責務を明確にし、安全最優先の企業文化醸成のために、継続的改善を推進する安全管理体制を構築しています。

安全追求 姿勢と取り組み

経営トップから現場第一線の社員までが一丸となって安全を追求しています。

事故・障害 発生状況と事例

事故や障害を分析し、安全確保の取り組みにつなげています。

輸送の安全確保―人材育成

「安全」を守る乗務員と、「安全」をつくる技術員の養成に全力で取り組んでまいります。

輸送の安全確保―危機管理

事故や災害、緊急事態に備えて、体制整備やさまざまな訓練などを行っています。

輸送の安全確保―設備とシステム

安全運行を守るためのシステムや保守車両をご紹介します。

輸送の安全確保―保守管理

線路・車両・電気のプロフェッショナルによる熟練技術が、日夜鉄道の安全を支えています。

輸送の安全確保―ホームの安全対策

ホーム転落事故や車両接触事故を防止するために、さまざまな対策を実施しています。

輸送の安全確保―駅構内の安全対策

防犯対策として駅構内に警備員を配置したり、非常時の停電・火災対策を行っています。

輸送の安全確保―車両・車内の安全対策

乗車中や乗降時のお客さまの事故や、テロ行為の未然防止などのため、車両や車内の安全対策を進めています。

輸送の安全確保―踏切の安全対策

踏切事故防止のために、より高機能な障害物検知装置を導入しています。

お客さまとともに

お客さまから寄せられる声をさまざまな取り組みに生かすとともに、安全に関する情報発信を行っています。

安全報告書2017

本報告書は、2006年の鉄道事業法の改正により公表が義務付けられた「安全報告書」として、東京急行電鉄の鉄軌道事業の安全に関する情報を体系的に記載しています。

国民保護法に基づき、国民保護業務計画を策定しました。

国土交通省のガイドラインに基づき、被害者等支援計画を策定しました。

新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき、指定公共機関として新型インフルエンザ等対策業務計画を策定しました。

Get Adobe® Reader®

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。