バリアフリーへの取り組み

すべてのお客さまにとって利用しやすい、
そんな、あたたかい鉄道へ─

東急線では、すべてのお客さまが利用しやすい鉄道をめざし、駅施設や車両の改良などのバリアフリー化を積極的にすすめています。
エレベーターやエスカレーターの設置などのハード面に加えて、駅係員のお客さまへの対応などソフト面に対する取り組みについてもご紹介いたします。
今後もお客さまのご意見に耳を傾けながら、ハード・ソフト両面の一層の充実をめざして取り組んでまいります。

駅施設のバリアフリー

ハンドル形電動車いすのご利用案内

各駅の施設状況については「ハンドル形電動車いすのご利用案内」をご覧ください。

エレベーター

防犯対策として、内部が確認できるシースルー形や窓付エレベーターの設置を進めています。

エスカレーター

一部の駅では移動時間を短縮し、利便性向上を図るため、運転速度を従来より若干速めにしています。

点字運賃表

すべての駅に設置しています。

点字シール

すべての駅に設置しています。
(写真は階段の手すり)

スロープ

小さな段差のある駅では、車いすのお客さまが利用しやすいようスロープを設置しています。

多機能トイレ

清潔で広く、車いすのお客さまも安心してご利用いただけます。
また、ベビーベッドやオストメイト対応水洗装置も設置しています。

触知案内板

駅構内の施設の場所や現在地などを点字や音声でご案内する触知案内板を設置しています。

ワイド改札機

車いすのお客さまにもご利用いただける幅広(幅90cm)の改札機です。全ての改札口に設置しています。

誘導ブロック(転落防止柵)

線路への転落を防ぐためエレベーター前に設置された柵と、目の不自由なお客さまのための誘導ブロックを設置しています。

筆談器

駅係員がいるすべての改札窓口と定期券うりばに設置しています。
左のステッカーが目印です。

視力障害者用歩行路標識シール

階段の先端を分かりやすくするために、赤と黄色の標識シールの整備を順次進めています。

シースルー改札

駅に係員改札口「シースルー改札」を設置しています。
改札の外観は見通しがきくようシースルー化し、室内はオープンカウンター方式になっています。
カウンターは、車いすのお客さまやお子さまにもご利用いただけるように、一般的な高さのものと低いものと2種類をご用意。
ゆとりある空間でお客さまをご案内しています。

シースルー改札設置駅(2013年3月現在) 渋谷、中目黒、自由が丘、田園調布、綱島、菊名、横浜、三軒茶屋、二子玉川、鷺沼、あざみ野、青葉台、 長津田、中央林間、大井町、大岡山、蒲田

サービス介助士

東急電鉄ではお年寄りやお身体の不自由なお客さまなど、どなたでも安心して東急線をご利用いただけるよう、歩行の介助や車いす操作など、ケアされる方と同じ目線に立ち、お手伝いができる「サービス介助士」の資格取得者を駅に配置しています。

車両のバリアフリー

車いすスペース

乗務員と通話ができる非常通報装置を備えた車いすスペースを設置しています。

低めの吊り手・荷棚

小柄なお客さまやお子さまがご利用しやすいようにした低めの吊り手や、荷物の上げ下ろしをしやすくした低い荷棚などを設置しています。

ドア注意喚起シール

一部の車両では、目の不自由な方にドアの開閉状況やドアの端部を、黄色の標識シールで分かりやすくお知らせしています。

今後も設置をすすめてまいります。

液晶ディスプレイ・案内装置

路線案内、駅設備案内、乗換案内などを絵や文字で案内します。最新の運行情報などもリアルタイムに表示します。

一部の車両ではLED装置によりご案内しております

各駅におけるバリアフリー設備の設置状況に関しては、「バリアフリー設備の設置状況」をご覧ください。

この他にも、安全・便利な駅になるよう、駅施設の拡充をすすめています。「安心・便利な駅への取り組み」をご覧ください。