ディスクロージャーポリシー

当社はすべての利害関係者(ステークホルダー)に対して、企業情報を適時、適正、公正、公平かつ継続的に発信し、以下の項目を遵守することにより、皆様の信頼と理解の確保につとめます。

(1)「情報開示の方針および基準」

当社では、金融商品取引法等の諸法令(以下「諸法令」という)ならびに、東京証券取引所の定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則(以下「適時開示規則」という)」に沿って情報の開示をおこないます。
また、諸法令ならびに適時開示規則に該当しない情報であっても、当社の理解に有効であると思われる情報については積極的な開示につとめます。

(2)「情報開示の方法」

適時開示規則に該当する情報は、同規則に従い、東京証券取引所が運営する「適時開示情報伝達システム(TDnet)」、および関係する記者クラブに開示するとともに、開示後速やかに当社ホームページに掲載いたします。
また、適時開示規則に該当しない情報につきましても、投資判断に影響を及ぼすと思われる情報は、適宜、適切な方法で速やかに開示いたします。

(3)「沈黙期間」

当社は、決算情報の漏洩防止および公平性確保のため、各四半期決算および決算発表前の数週間を沈黙期間としています。この期間内は、決算等に関連するコメント、ご質問等に関する回答は差し控えさせていただきます。ただし、沈黙期間中に発生した業績予想との差異が適時開示規則に該当する変動幅となることが明らかとなった場合には、適時開示規則に基づき開示することとします。

(4)「免責事項」

当社が開示する情報は、当社のIR活動の一環として提示するものであり、投資勧誘を目的にしたものではありません。
当社が開示した情報のうち歴史的事実以外のものは将来の見通しであり、これらは現在入手可能な情報から得られた当社の経営者の判断に基づいております。従って、実際の業績はこれらと異なる結果となる場合がありますことをご了承ください。
当社ホームページの掲載内容については細心の注意を払っておりますが、掲載した情報の誤りや第三者によるデータの改ざん、情報のダウンロード等によって生じた障害等に関し、当社は一切責任を負うものではないことをご了承ください。

以上

社内体制図

社内体制図