コンプライアンス

東急グループのコンプライアンス

コンプライアンス経営は、単に企業の不祥事の防止という意味にとどまるものではなく、企業価値の向上を実現し、お客さまに選ばれるブランドであり続けるために不可欠な要素です。当社および東急グループでは、2000年4月にコンプライアンスをグループ経営の基本姿勢のひとつに定め、以降、コンプライアンスに関する活動を積極的に推進しています。

東急グループコンプライアンス指針の制定

当社および東急グループでは、コンプライアンス経営を推進し、グループ理念を実現するため、2002年1月にコンプライアンスに関する東急グループ全役員・従業員の行動の基本原則を指し示すものとして「東急グループコンプライアンス指針」を制定しました。これをもとに、グループ各社がその事業形態または組織風土に応じた独自の活動を展開し、コンプライアンスの推進に努めています。

東京急行電鉄行動規範の制定

当社では、「東急グループコンプライアンス指針」の制定を受け、2002年4月に、当社役員・従業員の行動の基本原則として「東京急行電鉄行動規範」を制定しました。その後、法令などの改正状況および社会情勢などに鑑み、2006年に改定を行っています。

コンプライアンスの浸透

東急グループのコンプライアンス上の課題等について、内部監査等の手法によるモニタリングを実施するとともに、CSR経営推進委員会にて審議、報告し、適宜経営会議、取締役会へ報告を行っています。
また、CSRセミナー等で当社および子会社の役員および従業員のコンプライアンス意識の向上を図り、コンプライアンスの徹底を図っています。

コンプライアンス上の課題に対応する内部通報制度


東急電鉄ヘルプラインを周知するポスター

当社では、不正・不祥事を含むコンプライアンス上の課題の早期発見、是正を図るため、法令違反、社内規程違反などに関する通報や、コンプライアンス的に問題と思われる行為などに関する相談を受け付ける内部通報窓口「東急電鉄ヘルプライン」を設置しています。
「東急電鉄ヘルプライン」には、社内のほか、弁護士事務所にも窓口があり、当社およびグループ会社の従業員等からの通報・相談に対応しています。
また、当社および連結子会社では、従業員等の目に触れる機会の多い場所にポスターを掲示することで「東急電鉄ヘルプライン」の周知に努めています。
なお、通報したこと、相談したこと、調査に応じたことによって、報復などの不利益な取り扱いを受けることがないよう、内部通報制度に関する規程で通報者、相談者、調査協力者の保護を明確にし、徹底しています。

最適な調達活動

自社のCSR推進はもとより、CSRに取り組んでいるお取引先さまを選定することが社会的に求められている昨今、当社では、法令遵守・人権の尊重・環境への配慮などを東京急行電鉄行動規範に定めるとともに、CSR調達ポリシーを策定し、お取引先さまにもCSRの推進を働きかけています。

CSR調達ポリシー(遵守項目)

  1. 児童労働、強制労働の禁止はもとより、関連する法令や社会規範を遵守、徹底し、労働者の権利を尊重し、安全で清潔な作業環境を実現していること
  2. 差別を禁止し、人権を尊重していること
  3. 環境保全活動(環境方針策定、環境マネジメントシステム整備、教育実施、外部認証の取得等)を推進していること
  4. 優良な品質を確保でき、安全、確実に供給ができること
  5. 適正な価格で提供できること
  6. 個人情報の取扱について、適切な保護対策を講じていること