IRのよくあるご質問

コーポレート・ガバナンスの取り組みについて教えてください。
当社は、すべてのステークホルダーの価値向上を事業の原点として、「経営の継続性」「経営の可視性・透明性」「責任の明確性」の姿勢を重視し、強化しています。そして、会社の経営方針および業務執行上の重要案件については、取締役17人(うち社外取締役3人)で構成する取締役会に上程し、最終的な意思決定を行っています。取締役会その他重要な会議には、重要な意思決定の過程および業務の執行状況を把握するため、監査役(うち社外監査役4人)が出席しています。
詳しくはこちら
社会貢献活動・CSRの取り組みについて教えてください。
東急お客さまセンターや東急電車モニターなどを通じていただいたご意見、ご要望を参考にした業務改善や国際交流、環境保全、教育、文化の発展を支援する財団活動、沿線の皆さまとの協働による地域コミュニティー活動、文化講演会など、社会貢献活動や環境活動を積極的に推進しています。
詳しくはこちら
環境に対する取り組みについて教えてください。
1997年に制定した「自然環境との融和をめざした経営を行う」という東急グループ経営理念に基づき、事業活動に伴う環境負荷を可能な限り低減していくよう努力を積み重ねています。鉄道は環境負荷の小さい公共交通機関であり、その利用促進が社会全体の環境負荷低減につながります。また、エネルギー効率の高い新型車両への更新や、新しい渋谷駅において自然換気システムや放射冷房を採用するなど、先進技術を取り入れた省エネルギー対策を進めています。
詳しくはこちら
グループの概要を教えてください。
東急グループは、1922年の「目黒蒲田電鉄株式会社」設立にはじまり、2013年3月末現在、226社9法人で構成され、交通事業、不動産事業、生活サービス事業、ホテル・リゾート事業ほかを事業分野としています。
>詳しくはこちら
格付けを教えてください。
現在の格付は、日本格付研究所(JCR)は「AA-」、格付投資情報センター(R&I)は「A」となっています。
詳しくはこちら
担当しているアナリストを教えてください。
当社を担当しているアナリストの方々については「アナリスト情報」に掲載しています。
詳しくはこちら
ここにない質問についての問い合わせ先はどこですか。
東急グループお客さまご案内窓口「東急お客さまセンター」へお問い合わせください。
詳しくはこちら