ページの先頭です。

ページの本文へ

メインメニューへ

フッタへ

ページの本文です。

「忘れもの傘」における資源有効活用の取り組みについて

2017年6月8日

当社では環境経営を推進し、社会全体における環境負荷低減の観点より、駅や車内における「忘れもの傘」を資源の有効活用として、提供してまいります。この取り組みは、ダイドードリンコ株式会社の地域社会貢献活動の一環として、急な雨などの際に傘を無料で貸し出しする『レンタルアンブレラ』企画に協力するものです。

◆「忘れもの傘」回収実施駅:鷺沼、長津田、中央林間
◆実施日:2017年6月8日(木)より開始
◆レンタルアンブレラ設置箇所:関東エリア約170箇所(ダイドードリンコ飲料自動販売機に設置)

※「忘れもの傘」について
・平成19年12月施行「改正遺失物法」で、公共交通機関など多くの落とし物を扱う事業者は2週間以内に遺失者が判明しないとき、売却・廃棄・処分することができると定められています。
 ・当社では駅や車内で拾得された傘は、お忘れものとして登録され一定期間、駅で保管し遺失者が引取りに来ない場合、廃棄処分業者に引き渡し全て処分しています。

※詳細は「こちら」をご覧ください⇒ダイドードリンコ“ニュースリリース”

ページの先頭へ