ページの先頭です。

ページの本文へ

メインメニューへ

フッタへ

ページの本文です。

ホームドアの設置状況について

当社は、お客さまが安全・安心して利用できる鉄道を目指し、これまで取り組んできたホームドア設置計画を大幅に加速し、2020年までに東横線・田園都市線・大井町線の全駅にホームドアを設置することを目指しています。

2016年12月現在、以下の駅においてホームドア設置に向けて準備を進めています。
(カッコ内は設置・供用開始予定時期)

2016年12月14日

①東横線
  田園調布駅   (2016年12月末予定)
  日吉駅     (2017年 2月末予定)
  菊名駅上りホーム(2017年 3月)
  祐天寺駅    (2017年度上期)
  自由が丘駅   (2017年度下期)
  綱島駅     (2017年度下期)
  妙蓮寺駅    (2017年度下期)

  渋谷・代官山・中目黒・学芸大学・都立大学・新丸子・武蔵小杉・元住吉・
  大倉山・菊名下りホーム・反町・横浜 の各駅は設置・供用開始済み

②田園都市線
  市が尾駅    (2017年度上期)
  二子玉川駅   (2017年度下期)
  溝の口駅    (2017年度下期)
  江田駅     (2017年度下期)
  たまプラーザ駅 (2018年度上期)
  長津田駅    (2018年度上期)

  宮前平駅は設置・供用開始済み

③大井町線
  中延駅     (2017年 3月)
  上野毛駅    (2017年 4月)
  
  大井町・緑が丘・尾山台・溝の口 の各駅は設置・供用開始済み

ホームドアの設置によって、ホームの安全性が大きく高まり、お年寄りやお子さま、お身体の不自由な方など皆さまが安心してご利用いただける駅になります。また、輸送障害の約8割を占める列車との接触事故を防止し、運行が長時間にわたって止まることのない、より安定した鉄道ネットワークを目指し、今後も順次ホームドアの設置を進めてまいります。

                                                                           以 上

ページの先頭へ