駅員がこの駅をご紹介します

上町駅は世田谷線の真ん中の駅で、世田谷線の車庫がある鉄道マニア必見の場所です。ボロ市の時には多くの利用客でごった返します。駅の南、世田谷通りから奥に入ると天祖神社があり、その近くにボロ市の本部が置かれ、中心地になります。ボロ市通りにある代官屋敷は世田谷を治めた大場一族が明治維新まで使った屋敷で、一部は国の重要文化財に指定。線路をはさんで反対側にある世田谷城阯公園は緑豊かなオアシスのようなところで、吉良氏が南北朝時代に築城した城の名残があり、東京都指定文化財にもなっています。このあたりは世田谷線沿線の歴史地区でもあり、おしゃれなセレクトショップやブランド古着の店、カフェなどが点在する人気のスポットでもあります。

上町駅おでかけスポット

世田谷代官屋敷

世田谷区立郷土資料館と同じ敷地内にある国重要文化財の屋敷。大場代官屋敷とも呼ばれるこの屋敷は、江戸時代中期以来、彦根藩の世田谷領20カ村の代官を世襲してきた大場家の役宅。近世中期の代表的上層民家の旧態を保っているとして、茅葺き・寄棟造の主屋と表門の2棟は国の重要文化財に指定されている。庭園では、7月中旬~下旬の土・日曜に、世田谷区の花「さぎ草」とホタルの両方が楽しめるイベントを開催。庭園を散策しながら、ヘイケボタルの幻想的な光に囲まれて過ごすことができる。

世田谷区立郷土資料館

世田谷区立郷土資料館

国指定重要文化財の世田谷代官屋敷の敷地内にある郷土資料館。世田谷区政30周年事業の一環として昭和39年(1964)に開館した都内で最も古い公立地域博物館。本館と新館があり、本館の建物の設計は日本の近代建築で名を知られる建築家・前川國男。世田谷区に関する歴史・民俗資料などの収集・保存、展示、調査・研究を行っており、常設展示では世田谷区の歴史と文化をテーマに旧石器時代の石器から昭和のラジオまで多彩に展示。企画展もある。

駅周辺のイベント

駅周辺のニュース