駅員がこの駅をご紹介します

東横線、目黒線の急行が停まるほか、多摩川線の始発駅でもある多摩川駅。京王電鉄の京王多摩川駅とよく間違えられます。当駅はもっとも多摩川に近い駅の一つで、駅から徒歩約5分の場所に多摩川台公園があります。貴重な古墳群が現存していることで知られますが、春の桜や6月のアジサイ、夏の花火も見どころ。公園と地続きの多摩川浅間神社もなかなかのパワースポットで、晴れていれば富士山を望むこともできます。また、駅の東側にはかつての多摩川園遊園地を整備した田園調布せせらぎ公園が広がっています。さまざまな水生生物が生息する大きな湧水池があり、桜やイロハモミジの紅葉など、四季を感じる自然豊かな公園です。

多摩川駅おでかけスポット

多摩川台公園

多摩川台公園

東急電鉄多摩川駅のすぐそば、多摩川沿いの丘陵地に広さ約6万7000平方m、長さ約750mにわたって展開する公園。晴れた日には丹沢の山並みや富士山を見ることができる。園内には、自然林の道、展望広場、あじさい園、元調布浄水場の沈殿池跡やろ過池跡を利用した水生植物園、四季の野草園など、見どころが豊富だ。桜の名所で、アジサイ、ホタルブクロなどの四季折々の花も楽しめる。南武蔵を代表する多摩川流域屈指の前方後円墳「亀甲山古墳」や「宝莱山古墳」などの古墳もあり、公園管理事務所には古墳展示室も併設。 画像提供:大田区

多摩川浅間神社

多摩川浅間神社

多摩川台公園の南方、「浅間神社古墳」と呼ばれる古墳上に鎮座する古社。文治年間(1185~1190)、武蔵国に出陣した夫・源頼朝を追ってきた北条政子はこの地で身体を休めた。その折、この亀甲山[かめのこやま]で富士山を眺め、富士吉田の浅間神社に頼朝の武運長久を祈り、持仏の正観世音像を祀ったのが起こり。以来「富士浅間大菩薩」として人々に崇められてきた。朱塗りの社殿は昭和48年(1973)建築で、都内でも珍しい浅間造。眺望スペースからは多摩川の広い景色を望め、冬の澄んだ空気の日には富士山もよく見える。

駅周辺のイベント

駅周辺のニュース

  1. 新丸子
  2. 多摩川
  3. 田園調布
  1. 新丸子
  2. 多摩川
  3. 田園調布
  1. 沼部
  2. 多摩川