駅員がこの駅をご紹介します

「たんまち」と読みます。2004年のみなとみらい線乗り入れに伴い、駅が地下化されました。改札が1階、ホームが地下4階となり、2つの長いエスカレーターでつながっています。2006年には新駅舎が完成。外観は駅というよりちょっとした美術館風で、駅構内も近代的に整備されました。隣は横浜駅ですが、住んでいる人も雰囲気も下町情緒があります。周辺の代表的な施設は、神奈川区役所、神奈川スケートリンク、ガーデンセンター横浜などです。また駅の地下化に伴い、地元住民の賛同を得て駅の跡地に緑道を整備。2011年に「東横フラワー緑道」が全道オープンし、横浜駅から東白楽駅までの間を散策できるようになっています。

反町駅おでかけスポット

横浜市民防災センター

横浜市民防災センター

地震や火災時の煙などを実際に体験することによって災害や防災について学べる施設。消防士と同じデザインの本格的な消防服を着て、ちびっこ消防車と記念撮影ができる。横浜ハザードマップ・ジオマップや減災トレーニングルームなど、いざという時の知識が学べるコーナーもある。

駅周辺のイベント

駅周辺のニュース

  1. 横浜
  2. 反町
  3. 東白楽