ページの先頭です。

ページの本文へ

メインメニューへ

サブメニューへ

フッタへ

ページの本文です。

ニュースリリース

2016年5月13日

2016年度の鉄軌道事業設備投資計画
車両新造のほかホームドア設置、駅改良工事に総額489億円

東京急行電鉄株式会社

◇2017年度の導入をめざし、田園都市線の新型車両の製造に着手
◇ホームドア、3D式踏切障害物検知装置の整備による鉄道運転事故・輸送障害の未然防止
◇地域と連携した駅改良、バリアフリー強化による快適で便利な駅空間づくり
◇東急線アプリによる駅混雑状況、所要時分の配信など、情報配信力の向上

当社は、2016年度、鉄軌道事業において、総額489億円の設備投資を行います。輸送障害の未然防止などの安全投資に240億円、より快適で便利な電車や駅の実現に向けた付加価値向上・サービス拡充に249億円投資し、いつでもどこでも安全で安心・快適な移動ができる「いい電車」の実現とお客さまが駅をもっと身近に感じていただける、愛着のある「いい街」の創出をめざします。

1.安全で快適な車内環境の実現
2017年度の導入をめざし、田園都市線の新型車両の製造に着手します。新型車両は、故障につながる予兆を早期に発見するための監視システムの導入など、さらなる安全性向上を図るとともに、全車両にフリースペースを設置するなど、お客さまにさらに安心・快適にご利用いただける車両にします。
また、さらなるセキュリティレベル向上を目的に、車両内防犯カメラの設置を順次進め、2020年までに当社が保有する全車両に設置します。


2.鉄道運転事故・輸送障害の未然防止
ホーム上の安全対策として、東横線・田園都市線・大井町線全64駅のホームドアを2020年までに整備することをめざしていますが、今年度は、東横線自由が丘駅や田園都市線二子玉川駅など12駅で工事に着手する予定です。また、田園都市線では、ホームドア整備において課題となっていた6ドア車両の4ドア車両への置き換えを順次進めます。
また、踏切の安全対策として、3D式踏切障害物検知装置を池上線の6箇所に新設を予定するなど、鉄道運転事故・輸送障害の未然防止を図ります。
そのほか、大規模な地震への備えとして、被害が甚大となる恐れのある高架橋柱については、今年度内に耐震補強工事が完了する予定です。


3.快適で便利な駅空間づくり
渋谷駅では、東横線・田園都市線渋谷駅とJR渋谷駅との主要な乗換え経路となっている出入口14番において、エスカレーターの増設などの改良を実施し、2017年夏に仮設出入口として使用を開始する予定です。そのほかの主要な出入口付近へのエレベーターや上下方向エスカレーターの整備についても、今年度の工事着手を目標に検討を進めます。
戸越銀座駅では、地域との連携による駅空間づくりの一環として、東京都内で生産される多摩産材の木材を使用したリニューアル工事が今秋竣工を迎えるほか、五反田駅の旅客トイレ新設などの改良工事を進めます。
また、菊名駅や用賀駅、雪が谷大塚駅などでさらなるバリアフリー工事に着手します。


4.迅速な情報配信と配信情報の拡充
東急線アプリなどによる配信情報を拡充し、運行見合わせなどの輸送障害が発生した際に、目的地までの所要時分などの情報を迅速にお客さまに提供するほか、駅の混雑状況が把握できる対象駅をさらに拡大するなど、情報配信機能の強化を図ります。

 
これらの計画については、昨年度から開始した「いい街 いい電車 プロジェクト」のホームページやポスター、の中で、適宜、取り組み状況をお知らせしていきます。


2016年度設備投資計画の詳細は別紙のとおりです。

サブメニューです。

企業情報
  • 安全報告書
  • 環境報告書
  • WE DO ECO

ページの先頭へ